TOP > ニュース > ニュースまとめ(2020年1月13日週)~「副業の促進策 働く人の保護が優先だ」など
2020-01-20 13:01

ニュース

ニュースまとめ(2020年1月13日週)~「副業の促進策 働く人の保護が優先だ」など


こんにちは!

この度、副業兼業ニュース編集部は、副業兼業に興味がある人、副業兼業を始めようと考えているけどなかなか一歩が踏み出せない人へ向けた本「君に副業はできるか?」を出版させていただくこととなりました。またそれに伴い、3月12日、複業研究家の西村創一朗さん、株式会社Another worksCEOの大林尚朝さんと出版イベントを開催させていただきます。興味のある方は以下よりチェックしてみてください。

副業/兼業/パラレルキャリアを目指す人必見!「君に副業はできるか?」Amazonリンク
3/12開催!西村創一郎氏×AnotherWorks×副業兼業ニュース出版イベント
■その他副業兼業ニュース主催のイベントはこちらをチェック 

それでは引き続きニュースをご覧ください。




副業兼業ニュースです。
2020年が始まったばかり…と思いきや、あっという間に1月も中盤に差し掛かりましたね。

1月に入りまた1段と気温が低くなり、乾燥した日々が続いています。
みなさん、引き続き防寒対策とウイルス対策を徹底しましょう!

さて、20年1月13日週に発表された、働き方に関するニュースをお知らせします。



当週(2020/01/13-01/19)のイチオシニュース

副業の促進策 働く人の保護が優先だ
社会保険、電子申請可能に 働き方改革へ中小の負担軽減 を実施
『従業員数1,000名未満の企業500社に聞く 「働き方改革法」実態調査 60%が“働き方改革法”に対応完了』 と回答




副業の促進策 働く人の保護が優先だ

厚生労働省は昨年12月、長時間労働に起因する労災の基準に関して、複数の勤め先の労働時間を合算する仕組みに改めることを決めた。

1月20日に行われる通常国会で関連法改正案が提出される予定だ。

これまで複数の勤め先の労働時間の合算は認められず、もし長時間労働を余儀なくされても労災は認定されなかった。改正により認定される人が増えるに違いない。

しかし、労災の基準が改正されても、労働時間そのものの把握・管理のルールが決まっていない。このままでは労働者ごとの労働時間の管理が十分にできないだろう。

政府は近年、複数の勤め先で働く副業や兼業を促進し、働き方の多様化は身近になりつつある。企業などに属していない個人事業主やフリーランスで働く人も増える中、政府は早急に時代の流れに適した労働環境の整備に取り掛かるべきである。

関連リンク

副業の促進策 働く人の保護が優先だー東京新聞




社会保険、電子申請可能に 働き方改革へ中小の負担軽減を実施

政府は、4月から中小企業を対象に適用される「働き方改革関連法」に踏まえ、負担軽減策を実施する。

主な内容は、従業員の申請や届出などの行政手続きをインターネットで完結できるようにして事務作業の負担を減らすことである。つまり、これまで行政機関の窓口で行っていた手続きが、会社や自宅のパソコンから、いつでも、どこからでも行えるこという事だ。

電子申請義務化の施行日は2020年4月1日とのこと。遅くとも2020年3月には電子申請の準備を終わらせることが望ましい。
(詳細は以下のURL「2020年4月から特定の法人について」に記載)

関連リンク

2020年4月から特定の法人についてー厚生労働省
社会保険、電子申請可能に 働き方改革へ中小の負担軽減-日本経済新聞




従業員数1,000名未満の企業500社に聞く 「働き方改革法」実態調査 60%が“働き方改革法”に対応完了 』と回答

エン・ジャパン株式会社は、人事、採用、労務に役立つ情報を運営するサイト「人事のミカタ」上で509社の人事担当者を対象に「働き方改革法」(※編集注:働き方改革関連法案)についてアンケート調査を行ったと発表した。

同社は、総合求人・転職支援サービス「エン転職」はじめ、人材紹介・転職エージェントサービス「エン エージェント」、日本全国60万社近くの会社の口コミサイト「カイシャの評判」などを運営している会社だ。

アンケート調査は、2019年11月13日~2019年12月10日の期間で実施され、60%の人事担当者が「”働き方改革法”に対応完了した」と回答した。その中で最も対応を完了しているのは「年次有給取得の義務化」。次いで「時間外労働の上限規制」となっている。

一方で、4割は”働き方改革法”が施行されたことで、自社の経営に「大きな支障が出ている」、「やや支障が出でいる」と回答した。

さらに、「”働き方改革法”により、企業の労働環境や日本が良くなっていると思うか」という質問に対して、6割の人事担当者は「変わらないと思う」、「よくなっていないと思う」と回答した。

関連リンク

エン・ジャパン株式会社HP
エン転職
エン エージェント
カイシャの評判
「働き方改革の対応状況について」アンケート集計結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加