TOP > ニュース > ニュースまとめ(2020年2月17日週)~副業会社員が確定申告で気をつけたい3つのポイントなど~
2020-02-23 18:02

ニュース

ニュースまとめ(2020年2月17日週)~副業会社員が確定申告で気をつけたい3つのポイントなど~


こんにちは!

この度、副業兼業ニュース編集部は、副業兼業に興味がある人、副業兼業を始めようと考えているけどなかなか一歩が踏み出せない人へ向けた本「君に副業はできるか?」を出版させていただくこととなりました。またそれに伴い、3月12日、複業研究家の株式会社Another worksCEOの大林尚朝さんと出版イベントを開催させていただきます。興味のある方は以下のリンクよりご確認お願い致します。

副業/兼業/パラレルキャリアを目指す人必見!「君に副業はできるか?」
3/12開催!AnotherWorks×副業兼業ニュースイベント
■副業兼業ニュース主催のイベントはこちらをチェック 

それでは引き続きニュースをご覧ください。


副業兼業ニュースです。

2月17日から確定申告の申告期間が始まりましたね。

フリーランスや副業として働いている方の中には毎年この時期にばたばたする人もいるのではないでしょうか。

また、去年からフリーランスや副業として働いていた方は初めての確定申告で不安に感じるも多いと思います。

今回は確定申告に関係したニュースもあるので、少しでもお役に立つことができればを思います。

では、20年2月17日週に発表された、働き方に関するニュースをお知らせします。

当週(2020/02/17-02/23)のイチオシニュース

日刊SPA! 副業会社員が確定申告で気をつけたい3つのポイントを公開
株式会社Lbose、不動産事業を展開する株式会社SharePlusと連携し、フリーランス向け賃貸紹介を開始を発表
ソニー銀行株式会社、ギークス株式会社と提携し、「ITフリーランスを対象とした住宅ローン商品」の提供開始を発表




日刊SPA! 副業会社員が確定申告で気をつけたい3つのポイントを公開

2月20日、日刊SPA!より「副業会社員が確定申告で気をつけたい3つのポイント」についての記事が公開された。

日刊SPA!は、週刊誌「週刊SPA!」の記事と周辺情報をベースにしたニュース&エンターテイメント情報サイトである。

フリーランスや副業として働く人がここ数年増加したことで、確定申告についての情報を知りたい人も多いだろう。

当記事では、そのように考えている人のために、確定申告の際に気を付けたいポイントを大きく3つにまとめて紹介している。(記事はこちらから)

2019年1月1日から12月31日までの所得の申告期限と納期限は、2020年(令和2年)2月17日(月)から3月16日(月)までとなっている。

関連リンク

副業会社員が確定申告で気をつけたい3つのポイントー日刊SPA!




株式会社Lbose、不動産事業を展開する株式会社SharePlusと連携し、フリーランス向け賃貸紹介を開始を発表

株式会社Lboseは、2020年2月17日、不動産事業を展開する株式会社SharePlusと連携し、フリーランス向け賃貸紹介を開始すると発表した。

株式会社Lboseは、フリーランス・パラレルワーカーのプロジェクト単位での働き方を支援する「TEAMKIT」を運営している会社である。

今回の連携の背景には、フリーランスとして働く人が増加する一方で、賃貸を借りることができないフリーランスが多くいる現状があり、少しづつ変えていきたいという思いから今回のキャンペーンが開催された。

フリーランス向けの賃貸紹介は、2020年2月17日(月)から2020年4月30日までの期間限定で、東京、埼玉、千葉、神奈川を対象に開催される。期間中はフリーランスの方へのエールを込めて仲介手数料が半額になる。

関連リンク

「フリーランスの賃貸借りれない問題をズバッと解決!賃貸紹介キャンペーン」特設ページ
TEAMKIT
株式会社SharePlus




ソニー銀行株式会社、ギークス株式会社と提携し、「ITフリーランスを対象とした住宅ローン商品」の提供開始を発表

ソニー銀行株式会社(以下 ソニー銀行)は、2020年2月17日、ギークス株式会社と提携し、ITフリーランスとして働いている人を対象とした住宅ローン商品を提供すると発表した。

ギークス株式会社は、特定の企業に所属しないITフリーランスと企業とのマッチング事業を展開している会社である。

今後フリーランスという形態での就業者が増加すると見込まれる中、ITフリーランス専用の住宅ローン商品を提供する事で、彼らの住宅資金ニーズに応えていくと述べている。

「ギークス提携住宅ローン」の融資金額は、500万円以上2億円以下(10万円単位)で、本人が住まう新築マンションの購入、中古マンションの購入および借り換えのための資金として利用できる。

関連リンク

「ITフリーランスを対象とした住宅ローン商品の提供開始のお知らせ~ギークス株式会社と提携し、新しい働きかたを選択するお客さまを支援」ソニー銀行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加