TOP > ニュース > ニュースまとめ(2022年1月16日週)~浸透するか?新しい働き方のキーワード「スマートワーク」「サイドハッスル」/ 8割が3年以内で動く大転職時代!? – 年内転職希望の割合は?/「こっそり副業」で稼ぐには…成功率がぐっと高まるポイント3つ~
2022-01-24 13:01

ニュース

ニュースまとめ(2022年1月16日週)~浸透するか?新しい働き方のキーワード「スマートワーク」「サイドハッスル」/ 8割が3年以内で動く大転職時代!? – 年内転職希望の割合は?/「こっそり副業」で稼ぐには…成功率がぐっと高まるポイント3つ~

こんにちは!副業兼業ニュースです。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

2022年が皆様にとってより良い1年となりますように。

では、2022年1月16日週に発表された働き方に関するニュースをお知らせします。

■当週(2022/1/16~2022/1/22)のイチオシニュース

浸透するか?新しい働き方のキーワード「スマートワーク」「サイドハッスル」

8割が3年以内で動く大転職時代!? – 年内転職希望の割合は?

「こっそり副業」で稼ぐには…成功率がぐっと高まるポイント3つ

浸透するか?新しい働き方のキーワード「スマートワーク」「サイドハッスル」

近年、働き方が大きく変化していく中で新しいキーワードが出てきている。その中で「スマートワーク」と「サイドハッスル」を取り上げ、どのような働き方なのかを紹介します。
まず「スマートワーク」について。
スマートワークとはICTを活用し、時間・場所にとらわれない柔軟の働き方のことです。スマートワークを実践することで、無駄な業務を行う必要がなくなり、その分できた時間を本来の業務に充てることができるようになります。NTTコミュニケーションズでは、スマートワークスタイルを各企業にサービスを提供することで実現しています。ここでは、「Smart Go Staple」の導入効果を紹介していきます。効果としては主に1.ペーパーレス化2.経費精算業務や支払い、請求関係の処理を行う業務チームの全面テレワークが実施可能に3.経費精算などのチェック業務など3〜4割減、従業員への立替金の振り込み約3割減などが挙げられます。現在ではICTツールはテレワーク環境における働き方の多様化、モチベーション維持においてなくてはならないものとなっています。
次に、「サイドハッスル」について。
サイドハッスルとは金銭を得ることを目的にせず、やりがい、情熱、好きなことを目的に置いた副業のことです。
現在の日本では言葉自体はあまり知られていませんが、「成長のための副業」という概念は増えてきています。そのことについては株式会社リクルートが2021年に発表した「兼業・副業に関する動向調査」の結果から知ることができます。働く個人側への設問のうち「副業をしてみたいと思ったきっかけ」に対して「キャリアを見直した」が最も多い結果に。さらに、「副業に期待する効果」に対して金銭的報酬を除いて「新しい知識やスキルを習得したい」が最も多くなりました。企業側への設問のうち「副業の人事制度の目的」に対して金銭的報酬を除いて「従業員のモチベーション向上」が最も多くなりました。サイドハッスルを行うにあたりビジネスパーソンは、副業とはいえクライアントがいる場合はクライアントに対して「外部者ではなく当事者として」の意識を持つことが大切です。
スマートワーク、サイドハッスルはどちらも新しく働き手にとって爽快なキーワードといえます。今後注目の働き方として押さえておきましょう。

8割が3年以内で動く大転職時代!? – 年内転職希望の割合は?

『Job総研』を運営するライボは1年以内〜10年以上の勤務者かつ20〜1000人以上規模の会社に所属している、全国の20〜69歳男女810名の社会人を対象に「2022年転職意識調査」を実施しました。
はじめに、これまでの転職経験について尋ねると78.8%が「転職経験あり」と回答しました。現在転職を検討しているかについては「検討している」が54.2%、「検討していない」が36.9%、「わからない」が8.9%でした。そこで、現職についてから転職を考え始めたタイミングについても調査したところ78.1%が内定から3年以内の中で転職を考え始めていることが判明しました。
2021年の転職活動については53.8%が「転職活動をしていた」と回答しました。
続いて転職に対してのイメージを尋ねると全体の66.6%が「ポジティブなイメージを持っている」と回答しました。また、ポジティブ派の回答を年代別に見てみると20代が73.9%と最多で、40代が66.5%、30代が63.9%、50代が最も低い55.4%でした。
今後の転職はさらに一般化するかについての予測では「一般化する」が64.8%、「多分一般化する」が25.6%で転職はさらに一般化していくと見られます。

「こっそり副業」で稼ぐには…成功率がぐっと高まるポイント3つ

自分の好きなこと、得意なことを販売する「こっそり副業」。こっそり副業で重要なポイントをmideal inc.代表取締役社長・土谷愛氏が解説します。
こっそり副業で稼ぐためのポイントは3つあります。
一つ目は、気軽なものから始めてOK! ということです。「あなたのスキルを販売しましょう!」といわれると、つい身構えてしまいますがそんな心配は要りません。まずは、100円、500円といった低単価の商品を作って売ることからチャレンジしてみましょう。気軽に始められるのがこっそり副業の魅力なのでハードルはどんどん下げてしまいましょう。
次に、1回目はスピード重視でトライしてみることです。本稿を読んだ今日のうちに何でもいいから出品してみよう!というスピード感が大切なのです。一回目をいかに早く行動に移せるかが副業で成果を出す上でとても大事です。なぜなら人間は知識を得た今この瞬間が1番記憶が鮮明であり、モチベーションが高い状態だからです。一度でも経験して仕舞えば、知識の定着率は上がります。
最後は、「出品→改善」が売れる近道!と心得ることです。「練って渾身の商品を一つ出す」よりも「粗削りでもすぐに商品を出して、売れるかどうかをまず確認し、どんどん改善していく」方が結果的に売れるのが早いのです。なぜなら、商品の価値を決めるのはお客さまだからです。良いと思ったものは即出品し、結果を見てどんどんブラッシュアップさせましょう。
以上の3点を押さえて、「こっそり副業」を始めてみてはいかがでしょうか。

副業兼業ニュースTwitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事