• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 自由と社会保障を両立。GiRAFFE&Co.が新事業「リアルドソーシング」を5月開始
2019-04-19 18:00

働き方

自由と社会保障を両立。GiRAFFE&Co.が新事業「リアルドソーシング」を5月開始

社会保障
「雇用関係によらない働き手」にも社会保障を
株式会社GiRAFFE&Co.は、2019年5月1日、「雇用関係によらない働き手」の自由と社会保障を両立させる新事業『リアルドソーシング』を開始する。

同社は、求人・採用事業のWEBマーケティングを手がける企業。『リアルドソーシング』は、個人事業主・兼業者・フリーランサーといった「雇用関係によらない働き手」も社会保障を享受できるよう、開始されるもの。

「取締役」なので、社会保険加入などが実現
「雇用関係によらない働き方」に関する研究会(経済産業省開催)の発表では、日本における「雇用関係によらない働き手の環境整備(社会保障・法律)」について課題があるという認識が示された。現状では、「個人請負」の約8割が業務委託先から福利厚生を全く受けていない。この課題は、「働き方改革」の促進に歯止めがかかる可能性もあると懸念されている。

こうした課題を解決するプラットフォームとして、GiRAFFE&Co.は『リアルドソーシング』を提供する。『リアルドソーシング』において同社は、「雇用関係によらない働き手」を「取締役」として迎える。この措置により、社会保険の加入など一定の社会保障の享受を実現するという。

活動拠点『ABWオフィス』も全国各地に開設
5月1日より開始される『リアルドソーシング』においてGiRAFFE&Co.は、「取締役」の募集を開始。2020年度には、200名の「取締役」の参加も計画している。また同社は、「取締役」たちの活動拠点となる『ABWオフィス』を、全国各地の交通アクセスのよい場所にて開設する予定だという。

同社は今後も、多様な人材が個性やスキルを生かして働くことができる「未来の働き方」を構築するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

働き方の新しい形 = リアルドソーシング - 株式会社GiRAFFE&Co.
https://giraffe-co.jp/realdsourcing/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加