TOP > 働き方 > 東和エンジニアリング、「働き方改革」を支援する映像・音響・ICTシステムを紹介
2019-04-29 18:04

働き方

東和エンジニアリング、「働き方改革」を支援する映像・音響・ICTシステムを紹介

『Video Conference Manager』などを紹介

株式会社 東和エンジニアリングは、2019年4月23日、「働き方改革」推進を支援する映像・音響・ICTシステムについてのプレスリリースを発表した。

東和エンジニアリングは、音響・映像・ICTソリューションを中心としたコンサルティング提案により、学校・企業・公共施設にて快適な環境づくりを実現している企業。同リリースでは、テレビ会議コントロールシステム『Video Conference Manager』の紹介などが行われている。

複数拠点でもボタン一つでワンタッチ接続

会議室の管理・操作支援・不具合対応といった業務は、属人的になりがちであり、個人に負担がかかる場合が多い。また、使い勝手が悪い会議室システムは、会議そのものの進行を妨げているケースも少なくない。

こうした課題に対応する製品として、東和エンジニアリングは『AViot‐アビオット‐』と『Video Conference Manager』を挙げる。『AViot』は、音響・映像機器なdの会議システムを、タブレット端末などからワンタッチ操作できるもの。『Video Conference Manager』は、複数拠点でもボタン一つでワンタッチ接続を実現し、テレビ会議を有効活用できるシステムとなっている。

自社内でも「働き方改革」を推進

東和エンジニアリングはまた、会議室の遠隔サポートサービス『リモートコンシェル』も紹介している。同サービスは、会議室・教室・議場などのシステム運用を、サポートセンターから遠隔支援するというもの。「利用の見える化」で、効率的な運用をサポートするとしている。

東和エンジニアリングは、2019年5月21日に新本社ビルでの業務を開始する。新本社ビルにおいて同社は、自社内でも「働き方改革」を推進するという。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

働き方改革をシステムで支援!東和エンジニアリングの会議システム運用効率化ソリューション – 株式会社 東和エンジニアリング
https://news.towaeng.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加