• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • バタフライボード、「小規模企業白書」2019年版が副業事例として紹介
2019-05-09 18:00

ニュース

バタフライボード、「小規模企業白書」2019年版が副業事例として紹介

バタフライボード
経済産業省・中小企業庁が毎年発表
バタフライボード株式会社(以下「バタフライボード社」)は、2019年5月7日、『小規模企業白書』2019年版において副業による起業事例として紹介されたことを発表した。

同社は、副業で製品開発を開始した「たった一人のメーカー」として、ノート型ホワイトボード『バタフライボード』を販売している企業。『小規模企業白書』は、経済産業省・中小企業庁が毎年5月に発表している。

創業に対するハードルを下げた
バタフライボード社は、2013年7月より副業として製品開発を始め、クラウドファンディングも活用することで『バタフライボード』の商品化を実現。法人設立に至るまで地道な製品改良を積み重ねて、本業への移行を果たした。

国が推奨する副業において、クラウドなどのICT技術を活用して起業したバタフライボード社を、『中小企業白書・小規模企業白書』は高く評価。また、低コスト・低リスクで起業ができることを広く世に知らしめ、創業に対するハードルを下げた点も評価し、今回の事例紹介に至ったという。

起業のきっかけや資金調達方法などを紹介
バタフライボード社は、『小規模企業白書』第2部2章「フリーランス・副業による起業」の事例として選定された。同章では、同社の起業のきっかけや資金調達方法などが紹介されている。

バタフライボード社は今後も、従来は困難だったハードウェアの多品種・適量生産実現を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

閣議決定された「2019年版小規模企業白書」に掲載されました - バタフライボード株式会社
https://www.butterflyboard.jp/information/20190508/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加