• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 認知度は30%、『エン転職』でテレワーク制度の活用状況を調査
2019-05-21 07:30

働き方

認知度は30%、『エン転職』でテレワーク制度の活用状況を調査

テレワーク
テレワークで働きたい?
エン・ジャパン株式会社は、『エン転職』においてテレワークについての調査を行い、5月15日に結果を公表。テレワークの認知度は30%で、年代が上になるほど理解されていることが分かった。

認知度は30%、メリットは「通勤ストレスがない」
『エン転職』ユーザー10,207名のうち、テレワークという働き方を知っているのは全体で30%。会社でテレワーク制度が「ある」と回答したのは8%、利用した人は3%であった。

経験者にテレワークのタイプを聞いたところ、「自宅で会社と連絡を取り合いながら」が81%。利用ペースは「週に1~2日」24%、「週に3~4日」19%、「週に5日以上」25%となっている。

テレワークを利用した理由は、「通勤ストレスがないから」49%、「業務に集中できて生産性が上がるから」32%、「会社からの指示があったから」26%が最も多い回答。テレワークの働き方に満足している人は72%だ。

今後テレワークを「利用してみたい」39%
経験はないが、テレワークで働くことを希望した人は全体で39%。通勤のストレス以外にも、人間関係のストレスや、子育て・介護ができることなどを理由に挙げている。

一方希望しない人の理由は、「仕事とプライベートを分けられるか不安だから」が57%、ほか生産性や時間管理、コミュニケーションなどに不安があると回答している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

エンジャパン株式会社のプレスリリース
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/17284.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加