TOP > 働き方 > 働き方改革関連法施行、みんなの職場は改善された?
2019-05-30 18:05

働き方

働き方改革関連法施行、みんなの職場は改善された?

働き方は改革されているのか

株式会社ワークポートは5月29日、「働き方改革開始後の変化」についての調査結果を発表。働き方が改善されたと回答したのは10%以下、約80%が以前と変わらないと回答している。

80%近くが「以前と変わらない」

調査は、同社を利用する転職希望者と、SNS利用者280人を対象に実施。働き方改革開始後、会社の制度やルールに変更が「あった」と回答したのは31.1%。内容は、残業時間の縮小と有給休暇の取得促進が行われているという意見が見受けられる。

働き方改革開始後、自身の働き方が「改善された」と回答した人は7.5%、「悪化した」が12.9%、「変わらない」が79.6%であった。

改善された人の意見からは、労働時間の縮小や仕事の効率化などにより働く上での意識が変わったことが挙げられており、悪化した人の意見からは、業務量に対し労働時間を縮小したことが悪影響していることが挙げられている。

満足している人はわずか6%

現在の働き方改革に「とても満足している」は1.1%、「満足している」は5.0%、「どちらでもない」が34.3%。「満足していない」21.8%と「全く満足していない」37.9%を合わせると、59.7%が満足していないことが分かる。

働き方改革への期待度も低く、「期待していない」「全く期待していない」を合わせると4.3%となり、生産性を落とさない働き方など課題が浮き彫りになった。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社ワークポートのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/

株式会社ワークポートの公式ホームページ
https://www.workport.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加