• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 営業の「働き方改革」。マーケティングオートメーション「Kairos3」、商談管理機能を改良
2019-06-07 18:00

働き方

営業の「働き方改革」。マーケティングオートメーション「Kairos3」、商談管理機能を改良

働き方改革
「働き方改革」推進につながる営業効率化を実現
カイロスマーケティング株式会社は、2019年6月4日、同社が提供しているマーケティングオートメーション『Kairos3』の商談管理の機能を改良したと発表した。

『Kairos3』は、マーケティング業務や営業活動を効率化するクラウド型のサービス。今回の商談管理の機能を改良により、「働き方改革」推進につながる営業効率化を実現するという。

追客業務を1クリックで行う
2019年4月の働き方改革関連法の施行を受けて、多くの企業が従業員の「働き方」の見直しに取り組んでいる。こうした動きを受けてカイロスマーケティングは、「働き方改革」の観点から見て営業活動の業務は改善の余地が大きいと判断。『Kairos3』の機能改良に至った。

これまでの営業担当者は、「今回は都合で見送る」といった失注商談について、メール・電話・訪問などで追客業務を行うことが一般的だった。追客業務は、再商談化においては重要だが、繰り返し作業であり時間も浪費する。『Kairos3』の商談管理の機能改良では、この追客業務を1クリックで行うことが可能となった。

重要な営業業務に時間をかけることが可能に
『Kairos3』は、リード獲得やリードナーチャリング、また顧客・キャンペーン管理の機能なども持つマーケティングオートメーションサービス。多くの営業案件を効率よく発見し、ビジネス機会創出の最大化とビジネス機会の損失の最小化を支援している。

今回改良された機能によって営業担当者は、ヒヤリングや提案活動といった重要な営業業務に時間をかけることが可能になると、カイロスマーケティングは自負している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

Kairos3 - カイロスマーケティング株式会社
https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation

「Kairos3」にて、働き方改革推進につながる営業効率化に関する機能改良を行いました - dreamnews.jp
https://www.dreamnews.jp/press/0000195580/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加