TOP > 働き方 > 「勤め続けたくない」は34.8%、仕事・会社に対する満足度
2019-06-03 18:06

働き方

「勤め続けたくない」は34.8%、仕事・会社に対する満足度

第6回仕事・会社の満足度調査

リスクモンスター株式会社は、5月30日に「仕事・会社に対する満足度」調査結果を発表。6回目の調査では勤続意欲が減少していることが明らかになった。

勤め続けたい人は減少傾向?

同調査は、全国の20~49歳の男女600人にアンケートを実施。勤続意欲に関して、「今後も勤め続けたい」と回答した人は65.2%、「勤め続けたくない」は34.8%であった。勤続意欲のある人の割合は多いが、昨年と比較すると5.6ポイント減少している。

「勤め続けたい」との回答では、男女間、世代間で大きなギャップはない。年収別では、年収が上がるにつれ勤続意欲が強い傾向にあるが、今回初めて800万円以上が57.6%で、300万円の61.5%を下回った。

「勤め続けたい」人の理由は、会社の安定性、仕事のやりがい、職場の立地や設備など。一方で「勤め続けたくない」人の理由は給与の低さ、仕事のやりがいへの不満、将来性が感じられないなどが挙げられている。

勤続意欲との相関性が表れるのは?

「勤め続けたい」人は、「適正に評価されていると思う」という回答率が86.0%、「出世願望あり」が73.6%と高い割合だ。これらが職場でのモチベーションに大きく影響していることが分かった。

そのほかブラック企業意識、勤続意欲とブラック企業意識・年収などとの相関性も分析している。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

リスクモンスター株式会社のプレスリリース
https://www.riskmonster.co.jp/

リスクモンスターのプレスリリース(@Press News)
https://www.atpress.ne.jp/news/184994

  • このエントリーをはてなブックマークに追加