TOP > 働き方 > HCNET、アカウント運用の手間を軽減する「OneID@Adapter」発売へ
2019-06-19 07:06

働き方

HCNET、アカウント運用の手間を軽減する「OneID@Adapter」発売へ

多様な「働き方」において活用されるクラウド環境

エイチ・シー・ネットワークス株式会社は、2019年6月末、同社のセキュリティ製品群『@Adapter』シリーズにおいて新製品『OneID@Adapter』を発売する。

『OneID@Adapter』は、多様な「働き方」において活用されるクラウド環境で、アカウント運用の手間を軽減する製品。Office 365およびBoxのクラウドサービス利用者に向けて、シングルサインオン機能とプロビジョニング機能を提供するものとなっている。

高品質かつ信頼できるネットワークを提供

エイチ・シー・ネットワークスは、提案から構築・保守に至るネットワークソリューションを、ワンストップで提供している企業。高品質かつ信頼できるネットワークの提供をビジョンとして、30年以上にわたるシステム構築の実績を活用する形で、製品やサービスを展開している。

同社は、『@Adapter』シリーズとしてセキュリティ製品群の販売も展開。syslogアプライアンス『LOG@Adapter』は、各種機器のsyslogやSNMP Trap情報の一元管理を実現し、不審なログを通知する機能なども搭載している。また『Account@Adapter+』は、RADIUS機能やDHCP機能を1台に搭載した専用アプライアンスであり、一括アカウント申請&発行機能などを搭載している。

アカウントの自動削除も可能

今回発売が発表された『OneID@Adapter』は、クラウド環境において課題となるユーザー管理や運用の手間、またサービスごとに生じるログインの手間などを、解消するべく開発された。

同製品では、Webポータルへのログインだけで、サービス各種への自動ログインの実行が可能。管理者は、利用者ごとに利用可能なサービスを設定でき、長期間利用していないアカウントの自動削除も可能となっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

シングルサインオンとプロビジョニング新製品「OneID@Adapter」の販売開始 – エイチ・シー・ネットワークス株式会社
https://www.hcnet.co.jp/news/oneidadapter.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加