TOP > ニュース > 先週(6月23日)のアクセスランキング!TOPはどの記事?
2019-06-24 18:06

ニュース

先週(6月23日)のアクセスランキング!TOPはどの記事?

こんにちは。副業・兼業ニュース事務局です。副業・兼業に関する、1週間の振り返りをお届けします。

5位 サイタを使って副業をはじめる

サイタを使って副業をはじめる
http://fukugyo-news.jp/news_kswSIZvQx.html

5位は、先々週3位だった「サイタを使って副業をはじめる」でした。サイタは受講生とプライベートコーチをマッチングしてくれるサイトで、2019年6月22日時点で5000人ほどのプライベートコーチが全国で活躍しています。週1回から、空いた時間を生かした副業ができます。

4位 顧問・コンサルができる副業5選|副業の始め方

顧問・コンサルができる副業5選|副業の始め方
http://fukugyo-news.jp/news_kekBuc0Lo.html

先々週1位だった「顧問・コンサルができる副業5選|副業の始め方」が、先週の4位にランクインしました。記事では、顧問やコンサルタントとして働きたい人が利用できる紹介サイトをいくつか紹介しています。

3位 Zehitomo(ゼヒトモ)を使って副業をはじめる

Zehitomo(ゼヒトモ)を使って副業をはじめる
http://fukugyo-news.jp/news_kMpgRhOyW.html

3位は先々週2位の「Zehitomo(ゼヒトモ)を使って副業をはじめる」でした。特技や空いた時間を使って副業ができます。習い事など趣味や特技を生かした副業だけでなく、ペットの世話やハウスクリーニングなど、生活に関する副業もできるのが特徴です。

現在5万人もの人が、「プロ」として活躍しています。

2位 創業100年パナソニックが挑む複業・留職はどうなる?

創業100年パナソニックが挑む複業・留職はどうなる?
http://fukugyo-news.jp/news_rp9kLYlX9.html

先々週5位からジャンプアップです。「創業100年パナソニックが挑む複業・留職はどうなる?」では、2018年6月から始まったパナソニックの働き方改革を紹介しています。

「複業」と「留職」は従業員にとってキャリア形成や成長につながり、従業員のスキルを伸ばすだけでなく、経営者にとってもメリットがあるようです。

1位 働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(2/2)

働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(2/2)
http://fukugyo-news.jp/news_gYIEHu5MJ.html

1位は「働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(2/2)」でした。こちらの記事では、2020年に施行される法律について、変更点などを解説しています。これから2020年4月にかけて、多く読まれる記事となることが予想されます。

先々週のランキングから順位の入れ替わりがありましたが、上位5位までの記事が引き続きランクインしました。今週はどのようなランキングになるでしょうか。お楽しみにお待ちください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加