• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • 副業人口744万人、推計経済規模7兆8,280億円に成長ーランサーズ調べ
2018-04-29 23:00

ニュース

副業人口744万人、推計経済規模7兆8,280億円に成長ーランサーズ調べ

フリーランス実態調査2018年版
「フリーランス実態調査2018年版」を発表
ランサーズ株式会社は4月4日、全国の20-69歳男女を対象に、「フリーランス実態調査2018年版」を実施し、その結果を発表した。

実態調査は、調査期間2018年2月13日-15日、過去12か月に仕事の対価として報酬を得た全国の20-69歳男女を対象として、株式会社マクロミルによりオンライン調査で行われた。

有効回答数は3,096人、そのうちフリーランスは1,550人であった。

フリーランスの推計経済規模が初めて20兆円を超える
今回の実態調査では、日本における副業・兼業を含む業務委託で仕事をする広義のフリーランスの推計経済規模が、2017年調査に比べ9%増の20.1兆円に達し、初めて20兆円を超えた。

これは、日本の総給与支払額の10%を占める。

フリーランス人口は、昨年比横ばいの1,119万人、日本の労働力人口に対する割合は17%を占めた。

また、広義のフリーランス個人の平均報酬は昨年比12%増加し、186万円となった。

副業フリーランスの推計経済規模は約8兆円と大幅上昇
副業(含む本業・副業を区別していない労働者)フリーランスの推計経済規模は、昨年比24%増の7兆8,280億円と大幅に上昇した。人口は、昨年度比横ばいの744万人だったが、今後も増加が見込まれるという。

副業元年となる2018年では、業務委託ベースのパラレルワーカー数が伸長している傾向がある。会社員時代から副業を行い、独立して個人オーナーのフリーランスになるケースも見られるとのこと。

副業フリーランスの職種は、接客・作業仕事・営業等ビジネス系の仕事が半数を超えたとのこと。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ランサーズ株式会社のプレスリリース
https://www.lancers.co.jp/news/pr/14679/

別掲
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加