TOP > 働き方 > 女性活躍のために。笠間市、子連れスタイル推進協会と連携協定を締結
2018-10-19 07:10

働き方

女性活躍のために。笠間市、子連れスタイル推進協会と連携協定を締結

茨城県内では初めての協定締結

茨城県笠間市は、2018年10月16日、特定非営利活動法人子連れスタイル推進協会との間で連携協定を締結すると発表した。

同協会との協定締結は、茨城県内では初めてだという。同市は、女性の起業や復職のきっかけづくりなどの取り組みを行い、女性活躍のために多様な働き方を推進するとしている。

子育てと社会が共存する環境「子連れスタイル」を提案

今回笠間市が協定締結を発表した子連れスタイル推進協会は、子育てと社会が共存する環境「子連れスタイル」を提案する特定非営利活動法人。

この連携協定では、「多様な働き方、育て方の提案及び推進に関すること」「外出促進などの子育て支援に関すること」「女性の活躍推進に関すること」という3つの柱について事業が行われる。平成30年度の実施事業としては、女性に着目した起業・復職セミナーを中心に構成する「ママカレッジ事業」などが予定されている。

モデル的な勤務スタイルを市内企業に提案

この協定締結により笠間市は、啓発およびモデル的な勤務スタイルを市内企業などに向けて提案していくという。特に、子育て期の就業に係る支援の強化を図り、男性・女性の双方を対象とする「子育てスタイル」の普及を目指すとしている。

なお同協定の締結式は、10月22日に笠間市役所にて行われる。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

笠間市
http://www.city.kasama.lg.jp/index.html

多様な働き方等の推進に向けた連携協力 – プレスリリースゼロ
http://pressrelease-zero.jp/archives/135084

  • このエントリーをはてなブックマークに追加