TOP > ニュース > 先週(10月28日)のアクセスランキング!TOPはどの記事?
2018-10-29 18:10

ニュース

先週(10月28日)のアクセスランキング!TOPはどの記事?

こんにちは。副業・兼業ニュース事務局です。副業・兼業に関する、1週間の振り返りをお届けします。

この1週間、アクセス数の多かった記事の、TOP5をお届けします。

エクスインフルエンサーの育成で、シニアに新たな実益と可能性を!

エクスインフルエンサーの育成で、シニアに新たな実益と可能性を!
http://fukugyo-news.jp/news_sh6ohlst6.html

5位はSNSを利用するシニア層に注目した、LIDDELL株式会社の取り組みを紹介した記事です。

「エクス(Ex:Experience)インフルエンサー」と呼ばれる彼らは、人生経験が豊富で明確な価値観を持っており、将来需要が見込まれています。同株式会社では彼らを対象としたSNSのミニ勉強会やレクチャーなどを行っています。

Hotels.com、ワークライフバランスと国内出張に関する意識調査を実施

Hotels.com、ワークライフバランスと国内出張に関する意識調査を実施
http://fukugyo-news.jp/news_BAxF9UdfN.html

4位はHotels.comが行ったワークライフバランスと国内出張に関するアンケート調査の結果を紹介した記事です。
500人を対象に行った同調査では、日本人の働き方について全体の39%が「改善されてきたと思う」と回答する一方、61%が「まだ取り組みが十分でない」と回答しました。

また、国内日帰り出張については70%が「日帰り出張に疲れを感じる」と回答し、67%が「会社が費用を負担してくれる場合、延泊をしたい」、57%が「自費でも延泊したい」と回答しており、多くの出張者は延泊のメリットを感じていることが明らかになった。

住友商事、テレワーク制度を全面導入へ

住友商事、テレワーク制度を全面導入へ
http://fukugyo-news.jp/news_fvQSnihEB.html

3位はテレワークを全面導入する住友商事を紹介した記事です。

同社は、2018年秋に予定している本社移転を契機に、限定的に運用しているテレワークを全面的に導入することを目指して検討しています。

商社はその事業特性から、早くから柔軟な働き方の整備に取り組んできていましたが、今回の発表により、さらに働き方改革が進みそうです。

働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(1/2)

働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(1/2)
http://fukugyo-news.jp/news_gVSBfKbX6_870.html

2位は6月末に「働き方改革関連法」が成立して以来、継続して上位に位置しているニュースです。

経営者や人事担当者はこのニュースを参考に働き方改革に対応していきましょう。

「副業は「心構え」と「ノウハウ」があれば誰にでもできる~レベクリセミナーレポート~(1/2)

「副業は「心構え」と「ノウハウ」があれば誰にでもできる~レベクリセミナーレポート~(1/2)
http://fukugyo-news.jp/news_BLTTWVOwj_375.html

1位は株式会社レベクリが運営する「副業アカデミー」で行われたセミナーをまとめた記事でした。

副業アカデミー学長の小林氏の講演では、本業と副業との向き合い方や副業で成功するための5か条が語られ、副業初心者でもわかりやすい内容でした。

来週はどんなランキングになるでしょうか。楽しみにお待ちください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加