TOP > 働き方 > 南海電鉄とYOLO JAPAN、外国人就労マッチング事業で業務提携契約を締結
2018-10-25 18:10

働き方

南海電鉄とYOLO JAPAN、外国人就労マッチング事業で業務提携契約を締結

外国人就労マッチング事業を推進

2018年10月19日、南海電気鉄道株式会社(社長:遠北光彦、以下、南海電鉄)は、同社のグループ会社である南海フードシステム株式会社(以下、南海フードシステム)が、有料職業紹介事業に参入するとともに、株式会社YOLO JAPAN(以下、YOLO JAPAN)と業務提携契約を締結すると発表した。

YOLO JAPANは、外国人向けメディア運営および英会話サービス運営を主業とし、昨今の労働力不足を解決するために、人材が不足している企業にアルバイト希望の在留外国人を紹介し、企業側ニーズと外国人ニーズのマッチングを図るビジネスを展開している。

また、南海電鉄は、YOLO JAPANとの外国人就労マッチング事業を推進しており、2018年9月に第三者割当増資の引受による出資を行い、南海電鉄がオフィス・コミュニティサロン・ゲストハウスを核とする施設を整備し、YOLO JAPANが外国人就労支援事業を中心に交流の場として事業運営するなど、さらなる関係強化を図っている。

業務提携の概要

同業務提携により、南海フードシステムは、南海グループ各社や取引先、沿線企業を中心とするクライアント企業に対して、YOLO JAPANが手掛ける「アルバイト確約面接」を営業代行する。

なお、「アルバイト確約面接」とは、216の国と地域、約50,000人の在留外国人の中から、求人者の要望に沿った外国人をYOLO JAPANが厳選して、アルバイト候補者として求人者に紹介するとともに、面接を設定することで課金する新しいタイプの求人サービスで、「アルバイト求人を出しても応募がない」「応募があっても面接に来ない」といった課題を解決する。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

南海電鉄 ニュースリリース
https://www.nankai.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加