• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • UZUZ、20代専門の退職代行サービス「リスタート」を開始
2018-11-01 18:00

働き方

UZUZ、20代専門の退職代行サービス「リスタート」を開始

UZUZ
ブラック企業に関する調査によると、転職の意向があると回答している20代の人が64.0%
2018年10月25日、第二新卒・既卒・フリーターなど、20代若手に特化した人材紹介事業を運営する株式会社UZUZ(ウズウズ)は、20代専門の退職代行サービス「リスタート」(以下、同サービス)を、2018年10月29日(月)より開始すると発表した。

日本労働組合総連合会のブラック企業に関する調査によると、転職の意向があると回答している人は全体で53.0%なのに対し、20代は64.0%と高い回答結果となっているとのこと。

また、勤務先がブラック企業だと思うかという質問に対して、ブラック企業だと思うと回答した人は全体で26.9%と回答し、20代に限定すると32.7%で3人に1人がブラック企業だと思っているという高い回答結果であった。

これらの結果より、20代は転職したいと考えているものの転職活動を行っていない人が多く、その理由として、「辞めたいけどパワハラ等で上司に相談できず辞めることができない」「再就職できるのか不安」「勤務先が人手不足で、言い出すことができない」などがあるとのこと。
退職代行サービス「リスタート」の概要
既存の退職代行サービスでは退職代行のみが一般的であるが、同サービスは、退職代行サポートを利用して退職した後も、希望者には転職サポートまで一貫して支援するとともに、同サービス経由で転職先が決まった場合は、退職代行の費用を全額キャッシュバックする。

なお、同サービスを利用する流れは、「サービス申し込み」「LINEにて無料相談」「支払い(サービススタートキャンペーンとしてサービス価格3万円でサポート)」「退職代行」「転職支援(希望者のみ)」「転職成功」のステップ順となる。

なお、同社は、ブラック企業への人材紹介を回避するため、過去の利用者から入社後アンケートを回収している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

UZUZ プレスリリース
https://uzuz.jp/news/release_181025/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加