• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • インサイドセールスのベルフェイス、コミュニティ型ワークスペース「WeWork」へ移転
2018-11-01 07:30

働き方

インサイドセールスのベルフェイス、コミュニティ型ワークスペース「WeWork」へ移転

ワークスペース
『ベルフェイス』を提供している企業
ベルフェイス株式会社は、 2018年11月1日、コミュニティ型ワークスペース『WeWork』へオフィスを移転する。

同社は、インサイドセールスシステム『ベルフェイス』を提供している企業。ワークスペースへの移転は、クリエイティブ職の採用強化・初期投資抑制・グローバル展開のために行われるものだという。

設立以来3期連続で前年比300%の成長
ベルフェイスは、「Technology for Sales 勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させる」をビジョンとして掲げるSalesTechベンチャー企業。主力サービスである『ベルフェイス』は、サービスリリース3年で800社導入実績を達成しており、2015年の設立以来3期連続で前年比300%の成長を続けている。

同社の『ベルフェイス』は、BtoBセールスに特化した「営業で使うWeb会議システム」。インストールやログインなどが一切不要で接続できる独自技術を用いて、営業時にストレスのない安定した通信環境を実現。トークスクリプトやスムーズなプレゼンテーション機能など、営業シーンに特化したサービスとなっている。

さらに自由な働き方を推進
今回同社が移転する『WeWork』は、世界中の地域で展開されているコミュティ型ワークスペース。スタートアップから大企業まで26万人以上のメンバーが参加しており、互いに刺激し合えるコラボレーション環境を提供している。

ベルフェイスはこれまでも、フレックス勤務規程や在宅勤務規程を設け、全社員に利用の権利を与えてきたという。今回の移転により、さらに自由な働き方を推進するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

WeWorkへオフィス移転 成長率300%の今、あえてコミュニティ型ワークスペースへ - ベルフェイス株式会社
https://corp.bell-face.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加