• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 人材と企業が、互いを助け合う仕組みづくりを/3Rグループ
2018-11-07 07:30

働き方

人材と企業が、互いを助け合う仕組みづくりを/3Rグループ

時短正社員
スリー・アールシステム・ママ人材の採用
スリー・アールシステム株式会社は11月1日より、「ママ・ドラフト会議 in 福岡」で入賞した2名を時短正社員として採用。同社では現在7名が時短正社員として働いている。

ママ・ドラフト会議とは?
「ママ・ドラフト会議」は、働く意志を持っている育児期女性と企業の出会いをサポートするイベント。NPO法人ママワーク研究所が主催している。

再就職を希望するママたちがスピーチコンテストで自身のキャリアや仕事への意欲、自身の魅力などをプレゼンし、一緒に働きたいと思った企業が指名できる仕組みだ。

スリー・アールシステムの「時短正社員」制度
光学機器、デジタルグッズの製造販売、太陽光発電システムの販売を手がけている同社では、2016年より「時短正社員制度」を導入。無期雇用で、昇進など実績による評価も同様に行われている。今回のイベントでは、入賞した2名を採用した。

現在は週3~4日、5時間勤務でスタートしているが、成果によってリモートワークなど、環境に合わせた働き方にも挑戦できる仕組みづくりを行っている。

お互いの成長で働きやすい環境を
同社では、女性の救済ではなく、戦力となる人材が楽しく働ける環境づくりを行っている。会社は人材が支えているものであり、人材もまた、会社が支えるべきだと述べている。

それによってお互いが問題を解決し成長できると述べている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

スリー・アールシステムのプレスリリース
https://3rrr-hd.jp/info/20181105-2/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加