• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • NEC、テレワークに特化した「働き方見える化サービス」を提供
2018-11-04 18:00

働き方

NEC、テレワークに特化した「働き方見える化サービス」を提供

NEC
勤務時間の実態把握が難しく、長時間勤務の原因となる懸念
2018年10月31日、日本電気株式会社は、企業における「働き方改革」を推進するため、テレワーク向けに特化した「働き方見える化サービスTelework」(以下、同サービス)を発売すると発表した。

働き方改革が推進される中で、テレワークを導入する企業が増えている一方で、働き方改革関連法案が2018年6月に採決され、2019年4月から現在より厳格な勤務時間管理が求められる。

しかしながら、テレワークは、柔軟な働き方で、多様な雇用形態を可能にするという点で重要な施策となるが、勤務時間の実態把握が難しく、長時間勤務の原因となる懸念もある。
「働き方見える化サービスTelework」の概要
同サービスは、勤務申請/承認・業務報告・PC利用状況による勤務証明など、テレワークの運用に必要な機能を提供し、利用者と企業(管理者職)側でテレワーク時の業務内容や状況を共有することで、円滑にテレワークを運用することを支援する。

また、利用者の業務開始/終了の打刻機能に加えて、「Skype for Business」のプレゼンス情報・PCの利用情報・顔認証情報などの客観的な勤務情報を取得できるため、企業(管理者職)側はテレワークにおける勤務の申告漏れや長時間勤務など、勤務実態の把握が可能となる。

このため、育児や介護などと組み合わせて働ける在宅勤務や自社オフィス外でPCを利用する業務など、テレワーク利用時に効率的な時間管理を実現するとともに、これまでグラフ表示のみであったPC利用状況データは、開始/終了時間・稼働時間合計などをCSV形式で出力でき、勤怠管理の情報との比較やシステム連携も可能になる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

NEC プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201810/20181031_01.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加