• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 東和エンジニアリング、新日鉄興和不動産の「働き方改革」を支援
2018-11-04 07:00

働き方

東和エンジニアリング、新日鉄興和不動産の「働き方改革」を支援

働き方改革
コミュニケーションの活性化により「働き方改革」
株式会社東和エンジニアリングは、2018年10月30日、新日鉄興和不動産株式会社におけるモバイル運用やインタラクティブをキーワードとしたシステムの納入事例を発表した。

東和エンジニアリングは、コンピュータに関する総合システムのコンサルティングなどを手がける企業。新日鉄興和不動産への納入では、コミュニケーションの活性化により「働き方改革」を実現したという。

新オフィスにおけるシステムづくりをサポート
新日鉄興和不動産は、2018年3月の本社移転に伴って、「働き方改革」実践の場としてのオフィス環境を整備。「move」というコンセプトの下、フリーアドレス制やペーパーレスな働き方を導入し、部署の垣根を越え自由なコミュニケーションを促進する空間を創造している。

東和エンジニアリングが新日鉄興和不動産へ納入したのは、「move」をサポートする音響・映像システムやICTシステム。災害対策室としても利用できる各種会議室や、社員食堂の枠を超えた活用が可能なワークラウンジ、またオフィス各所のサイネージディスプレイなどで、新日鉄興和不動産の新オフィスにおけるシステムづくりをサポートしている。

ワイヤレスかつペーパーレスな環境を実現
東和エンジニアリングの支援により新日鉄興和不動産は、「モバイル環境の実現」に必要な措置を全て対応ができたと考える。同社の社員は、自分のモバイル端末さえ持って行けば日常業務・会議・ミーティングなどを遂行可能な、ワイヤレスかつペーパーレスな環境が実現したという。

納入事例の中で新日鉄興和不動産は、システム導入後の対応についても、東和エンジニアリングを頼りにしていると語っている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

コミュニケーション活性化により“社員の能力を引き出す”働き方改革を実践 - 株式会社東和エンジニアリング
https://www.towaeng.co.jp/case-study/case108/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加