• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 柔軟な働き方を推進。レオパレス21、平成30年度「テレワーク先駆者百選」に選定
2018-11-09 07:30

働き方

柔軟な働き方を推進。レオパレス21、平成30年度「テレワーク先駆者百選」に選定

テレワーク
テレワーク導入に実績を持つ企業を選定
株式会社レオパレス21は、2018年11月6日、平成30年度『テレワーク先駆者百選』においてテレワークの導入・活用を進めている企業として選定されたと発表した。

レオパレス21は、アパートの賃貸事業と開発事業をコア事業として展開している企業。『テレワーク先駆者百選』は、総務省が平成27年度より実施しているものであり、テレワークの導入・活用について十分な実績を持つ企業などを選定・発表している。

2016年よりテレワーク制度を導入したレオパレス21
レオパレス21は、2016年よりテレワーク制度を導入した。以後同社は、一部の事業部を除く従業員を対象として、モバイルワーク・在宅勤務による柔軟な働き方を推進。育児・介護従事者の通勤負担軽減に加えて、外出先での営業提案資料の作成・修正なども可能となり、業務の効率化を実現したという。

こうした取り組みにより、同社における時間外労働時間は3年連続で減少。直近となる2018年3月期は、月平均で18.2時間を達成した。取り組みをさらに推進すべく同社は、社内サテライトオフィスの設置を企図。また、都内近郊にあるコワーキングスペースを活用したテレワーク実施も、予定しているという。

さらなる「働き方改革」を推進
レオパレス21は、一般社団法人日本テレワーク協会が主催する『テレワーク推進賞』において、2018年1月に「奨励賞」を受賞した実績も持つ。また同年7月には、総務省など関係省庁と東京都が実施する『テレワーク・デイズ2018』にも特別協力団体として参加。期間中は、延べ375名の社員がテレワークを実施した。

同社は今後も、多様な人材の育成強化を含め、さらなる「働き方改革」を推進するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

平成30年度「テレワーク先駆者百選」に選定 - 株式会社レオパレス21
https://www.leopalace21.co.jp/1106_2673.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加