• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 企業口コミサイトキャリコネ、「営業が働きやすい企業ランキング」を発表
2018-11-07 08:00

働き方

企業口コミサイトキャリコネ、「営業が働きやすい企業ランキング」を発表

グローバルウェイ
「キャリコネ」のユーザーが投稿したデータをもとに作成
2018年11月1日、株式会社グローバルウェイが運営する企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」(以下、同サイト)は、「営業が働きやすい企業ランキング」(以下、同ランキング)を発表した。

同サイトは、社員が投稿した企業に関する口コミ、年収情報、面接体験などを共有するサイトで、社員が企業についての正直な意見を挙げられること、そしてその率直な意見を皆で共有することで、働く人と企業の両方の繁栄を目指している。

同ランキングは、「日経業界地図 2018年版」(日本経済新聞出版社)に記載があり、2017年4月1日~2018年3月31日の期間中、同サイトに職種「営業」のユーザーから10件以上の評価が寄せられた企業を対処に調査した。

また、採点は、「労働時間の満足度-残業や長時間労働がないか」「仕事のやりがい-楽しいか、意義を感じるか」「ストレス度の低さ-心身に疲弊感はないか」「休日の満足度-休みがあるか、有休を取れるか」「給与の満足度-金額は十分か、割に合うか」「ホワイト度-ブラック企業でないかを総合判断」の6項目について、評価の平均点(総合評価)で行った。
「営業が働きやすい企業ランキング」の概要
1位は、総合評価3.68のリクルートホールディングスである。単なるルート営業ではなく、クライアントの課題を特定し、ソリューション提供・改善策の提案まで担い、社員の「起業家精神」や「イノベーション創出」を重要視する風土を反映して、特に「やりがい」の項目が高評価となっているようだ。

2位は、総合評価3.64のNEC(日本電気)である。同社の営業は、顧客が抱える問題を確認し、その解決のために自社のサービスをどのように活用すればいいかを考えて顧客にアピールしていくもので、企画力や行動力などが必要となり、難易度が高そうだが、研修制度などバックアップ体制が万全とのこと。

3位は、総合評価3.60の野村證券である。日本の証券市場を牽引してきた国内最大手で、各店舗で個人や法人を相手に営業を行い、機関投資家らを相手に働きかけるホールセール部門での営業もある。

仕事内容に関しては、「きつい」と感じている口コミと「楽しい」と感じている口コミがともに見られ、個人のとらえ方で異なるようだ。

4位以下は、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(総合評価3.48)、東芝(同3.46)、三陽商会(同3.44)、東京海上日動火災保険(同3.41)、アフラック生命保険(同3.29)、ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行(同3.27)の順になった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

グローバルウェイ プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000018764.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加