• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 株式会社クレオフーガ、日本初の音楽制作コミュニケーションツールを発表
2018-11-08 18:00

働き方

株式会社クレオフーガ、日本初の音楽制作コミュニケーションツールを発表

Co-Writing
音楽データとテキストメッセージを一元管理 スムーズな作業を
楽曲・効果音といった音素材を販売するサービスなどを展開する株式会社クレオフーガが、音楽データとテキストメッセージを、一元管理できる日本初の音楽制作コミュニケーションツールを、11月8日より一般提供開始すると同日に発表した。

複数人数で音楽を制作する場合、従来は「チャットツール」と「データ共有ツール」を別々に使用する必要があったが、「Co-Writing Studio」では、音楽データとテキストメッセージを一元管理を可能にした。これにより、グループ内で音楽データを再生しながら、チャットもでき、スムーズに作業を進められるようになる。

公表前に関係者のみ情報共有が可能で安全 多くのβ版利用者も
「Co-Writing Studio」のβ版をプロの音楽制作現場で利用してもらい、音楽プロデューサーでソングライターの(株)マゴノダイマデ・プロダクション代表伊藤 涼氏が、同ツールなしでは仕事ができなくなったと話すほど、利便性の高いものとなっている。

β版の利用状況は、10月時点でユーザー数800人、ファイルアップロード数が19000件を突破。関係者だけが公表前に情報を共有でき、安全に利用できることも大きな特徴の一つと言える。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社クレオフーガ NEWS
https://creofuga.jp/?p=985
  • このエントリーをはてなブックマークに追加