• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 独自の「働き方」制度を公開。訪問看護事業のあわーず、ハンドブックを1万部配布
2018-11-11 07:00

働き方

独自の「働き方」制度を公開。訪問看護事業のあわーず、ハンドブックを1万部配布

ワークルール
「直行直帰型リモートワーク」などの「働き方」
株式会社あわーずは、2018年11月8日、全国18地域において同社を紹介するハンドブック『あわーずハンドブック』1万部を配布したと発表した。

同社は、訪問看護事業を手がける企業。『あわーずハンドブック』では、「直行直帰型リモートワーク」といった同社独自の「働き方」制度などが公開されている。

訪問看護ステーションでは初というワークルール
あわーずは、2013年11月に金沢において第1号ステーションをオープンすることで、訪問看護事業をスタートした。社会保険・人事労務に関する国家資格である社会保険労務士の法人である社会保険労務士法人が、その母体となっている。同社によれば、社会保険労務士法人が母体となる日本で唯一の訪問看護ステーションだという。

同社代表・藤田敏克氏は、30年以上にわたり人事の実務家として経験を積んできた経歴を持つ。この実績と経験を活かす形で同社では、子育て中の非常勤スタッフを対象とした「直行直帰型テレワーク型勤務制度」など、訪問看護ステーションでは初というワークルールを実施している。

訪問看護の世界を広く知ってもらう
『あわーずハンドブック』では、あわーずのユニークなワークルールが全て公開されている。こうした情報公開により同社は、情報をガラス張りにすることで地域の介護・医療業界関係者や地域住民における自社の認知浸透を企図。地域介護の核でありながら知名度が少ない訪問看護の世界を、広く知ってもらうことを目指している。

同社はまた、全看護師の中で3%にも満たない訪問看護従事者を増やしていくきっかけづくりのため、『あわーずハンドブック』を配布しているという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社あわーず
https://ours-sr.co.jp/

紹介ハンドブックを地域に1万部配布 独自の働き方制度等全てを公開 - dreamnews.jp
http://www.dreamnews.jp/press/0000184203/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加