TOP > 働き方 > 「地方の仕事」と「個人の働き方」を解決!「サテライト支援制度」導入
2018-11-17 07:11

働き方

「地方の仕事」と「個人の働き方」を解決!「サテライト支援制度」導入

「サテライト支援制度」導入

11月15日、株式会社Arinosは、スタッフの希望に対応し、サテライトオフィスを設置し、「サテライト支援制度」を導入することを発表した。

Arinosは、企業規模問わず、経営改善・業務改善において、多くにわたり手がけている。コンサルティング事業や、事業で伴う成功体験・失敗体験を活かして、事業創出を展開している。

地方や地元へ貢献したいが、仕事がない!

昨今において、「多様性」や「リモートワーク」などの言葉がキーワードとなり、会社や組織にとらわれず、「働くスタイル」が注目されている。

個人の働き方の実現を目指すことは、最大の課題。しかし、地方や地元への貢献を希望しても、働く環境がない現状があり、東京などの都市圏に集中しているとArinosは考えている。

働きたい場所にオフィスがある

Arinosは、問題なのは、「働きたくても、地方や地元で働ける環境がない」=「地方の産業が衰退している、または産業がない」ことであるとしている。

結果として、若い世代は、仕事を求めるため、移住してしまうことが後を絶たないとのこと。

「サテライト支援制度」は、働きたい場所にオフィスを作り、「地方の仕事」と「個人の働き方」という2つの大きな課題を解決するため導入されたとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

PR TIMES
https://prtimes.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加