TOP > 働き方 > 90.9%が活用、利用申請もなし。EDGE、「テレワーク先駆者百選」に選ばれる
2018-11-15 07:11

働き方

90.9%が活用、利用申請もなし。EDGE、「テレワーク先駆者百選」に選ばれる

『エアリーシリーズ』を提供しているEDGE

EDGE株式会社は、2018年11月8日、総務省が募集を行っていた『テレワーク先駆者百選』の一つに選ばれたと発表した。

EDGEは、HRテック『エアリーシリーズ』を提供している企業。『テレワーク先駆者百選』は、テレワークの普及促進を目的として実施されている取り組み。

営業職やマーケティング職もテレワークを活用

EDGEは、個々の社員が最も高い能力を出せる環境を選択できるよう、社内制度の一つとしてテレワークを導入した。同社では現在、育児と仕事を両立している社員や集中する環境が必要なエンジニア職のみならず、営業職やマーケティング職といった一般的な社員もテレワークを活発に利用。実に90.9%の社員が、テレワークを活用しているという。

同社では、テレワークを利用する際に「テレワーク利用申請」などの承認作業は行っていない。テレワーク実施日は、社員が自己判断で決めて登録を行うことになる。登録の作業時間は3分程度であり、結果的に上司の承認作業削減も実現している。

「働き方改革」の先進企業を目指す

EDGEはさらに、社員がコアな業務に集中できるよう、RPAやGoogle Apps Scriptを活用した業務の自動化推進も企図。また、クライアント企業においても同様の仕組みを構築することで、「クリエイティブな業務に多くの時間を割ける職場」を一つでも多く作るとしている。

同社は今後も、テレワークに限らず「働き方改革」の先進企業を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

総務省主催の「テレワーク先駆者百選」に選出 – EDGE株式会社
https://edge-inc.co.jp/news/news_181108.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加