TOP > 働き方 > キヤノンITS「テレワークでの情報セキュリティ対策技術」、「発明奨励賞」を受賞
2018-11-22 18:11

働き方

キヤノンITS「テレワークでの情報セキュリティ対策技術」、「発明奨励賞」を受賞

『関東地方発明表彰』の「発明奨励賞」受賞

キヤノンITソリューションズ株式会社は、2018年11月20日、同社の発明『テレワークでの情報セキュリティ対策技術』が平成30年度『関東地方発明表彰』において「発明奨励賞」を受賞したと発表した。

同社は、キヤノンマーケティングジャパングループに属する企業。この発明は、同社R&D本部の先進技術開発部が開発したもの。

テレワーク導入を阻んでいた本人の作業証明

官民が協力して推進している「働き方改革」や「地方創生」の実現にあたり、テレワークは有効な手段として認められている。しかしその普及のためには、重要な情報を守る情報セキュリティ対策が課題となっていた。

在宅時における本人の作業証明を課題として捉える企業では、社内システムにアクセスする際に複数の認証ルールでログインする方法や、Web会議で本人を確認する方法を実施している。しかしこれらの方法では、ログイン後に本人が作業しているかを把握することが困難となる。また、管理者が確認する負担も多大であり、テレワーク導入を阻んでいた。

『テレワークサポーター』に2017年2月より搭載

『テレワークでの情報セキュリティ対策技術』は、テレワーカーの在席・離席の状況を自動的に把握し、第三者によるなりすまし・覗き込みがあった場合はカメラ画像とPCの画面画像を1組の証跡データとして紐づけて送信・記録する技術。同社が開発・提供しているクラウド型テレワーク支援サービス『テレワークサポーター』に、2017年2月より搭載されている。

同社は今後も、情報セキュリティ技術の知見を生かした製品開発やソリューションを提供し、社会課題の解決に貢献するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

「テレワークでの情報セキュリティ対策技術」が関東地方発明表彰において「発明奨励賞」を受賞 – キヤノンITソリューションズ株式会社
https://www.canon-its.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加