• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 承認の「働き方改革」。リアズ、AI自動承認システムで業務効率を400%向上
2018-11-18 07:00

働き方

承認の「働き方改革」。リアズ、AI自動承認システムで業務効率を400%向上

働き方改革
画像・動画の承認作業をAIによって自動化
株式会社リアズは、2018年11月14日、AIを活用した独自システムの開発・導入により、人が行う機械的な作業の業務効率を400%向上させることに成功したと発表した。

同社は、ライブ配信サービスの運営などを手がける企業。このシステムは、コンプライアンス維持に必要な画像・動画の承認作業を、AIによって自動化したもの。テクノロジーによる「働き方改革」を目指すと、同社はしている。

効率化が課題になっていた画像や動画のチェック
リアズは、提供しているライブ配信サービスのコンプライアンス維持を図るべく、アップロードされた画像や動画を人力でチェックしていた。チェックそのものは単純な作業だが、画像と動画の量が多いため、同社スタッフの業務負担は増大。効率化が課題になっていたという。

そこで、画像・動画を識別するAIが開発・導入が実施された。開発されたのは、『IAS(Image Approval System)』と『VAS(Video Approval System)』。約8万枚の画像をAIシステムに学習させることで、指定したルール通りに画像や動画の承認を自動で行うシステムとなっている。

機械的な作業をAIに任せることで、サービス向上
投稿した画像を『IAS』と『VAS』によって自動承認することで、これまで一人あたり32時間かかっていた承認作業は、8時間にまで短縮することに成功したという。AIによって業務生産性を400%高めることが可能になったと、リアズは自負している。

リアズは現在、テキストをリアルタイムでチェックする『IAS(Text Approval System)』の導入にも取り組んでいる。今後も、機械的な作業をAIに任せることで、サービス向上を図るという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

株式会社リアズ
https://reas.jp/

リアズ、AIによる画像・動画の自動承認システムを開発 テクノロジーで働き方改革を目指す - @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/170548

  • このエントリーをはてなブックマークに追加