• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • ふるさとに教育を投資しよう!新しいオンライン家庭教師システム
2018-12-01 07:30

ニュース

ふるさとに教育を投資しよう!新しいオンライン家庭教師システム

ふるさと教育支援
地方の受験生に都市と同レベルの指導を
株式会社シンドバッド・インターナショナルは11月26日、ふるさとの子供たちに家庭教師を行える「ふるさと教育支援」サービスを開始。地方の受験生をサポートするシステムだ。

対面と変わらない!最新技術の画像と音声
このサービスは、オンラインでふるさとの受験生に家庭教師を行うサービス。

最先端システムを使い、スカイプの10倍速で音も画像もクリア。また画面を通して手元まで写る書画カメラも搭載しているため、問題をどのように解いているのかまで把握できる。対面と変わりない指導が可能だ。

スケジュールに合わせて、時間を有効活用
自宅からいつでもできるので、本業の終業後、育児や介護の合間など時間を有効に活用することができる。スケジュールが調整できれば、複数の生徒を持つことも可能だ。

パソコン操作、サービスの利用方法についてはスタッフがサポートしてくれる。

不足する地方の教育支援
同社が全国の大学受験生とその保護者に行った調査によると、地方では良い塾や指導者が不足しており、大学受験生の83.6%が「東京との教育格差を感じる」と回答。

そこで同社では、ふるさと納税支援のように、地方の子供たちに教育を投資するという目的で今回のサービスを開始。北海道の山奥から沖縄の離島までどこにでもつなぐことができる。講師登録は無料だ。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

シンドバッド・インターナショナル(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000039.000031835.html

ふるさと教育支援サービスページ
https://www.teacher-register.com/hurusato?pr

  • このエントリーをはてなブックマークに追加