TOP > 働き方 > やりたい人と、参加する仲間のコミュニティ形成支援サービス『emole』
2018-12-10 07:12

働き方

やりたい人と、参加する仲間のコミュニティ形成支援サービス『emole』

チームアップのためのマッチングサービス

emole株式会社は12月6日、共感型プロジェクトチームアップサービス『emole』のベータテスト版をリリース。やりたいことを掲載し、参加者を募るサービスだ。

同じ思い・目的を持つ人を集める

同サービスは、新規立ち上げや団体設立、店舗出店など、やりたいことがある人と、同じ思いや目的を持っている人たちをマッチングするもの。コミュニティを形成することが目的だ。

チームを作りたい人が、そのプロジェクト名と内容、目的、戦略などを掲載。ユーザーはあらゆるプロジェクトの中から、自分の感性に合ったプロジェクトを選んで参加できるという仕組みだ。

TwitterやFacebookに投稿すると、児童でタイトルや募集する仲間のスキルなどが表示できる。

事前に行ったテスト版では、インバウンド向けマッチングアプリの開発、結婚メディア事業、障害者向けオンラインプログラミングサロン、オリジナルブランドなど、248名の事前登録者と52のプロジェクトが提案されている。

個人が踏み出せる、行動できる環境づくりを

起業やフリーランスなど、実際に行動に移すことは容易ではない。クラウドファンディングなどプロジェクトを支援するサービスはあるが、その前に「仲間が集まらない」「何かを始めたいがやりたいことがわからない」という人は少なくないのが事実だ。

そこでプロジェクト前の「仲間づくり」に焦点を当てたのが同社のサービス。個々のやる気や挑戦をサポートしていきたいとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

emole株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000039336.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加