• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • JLL、サービスオフィスおよびコワーキングスペースの検索サイトを開設
2018-12-09 07:00

働き方

JLL、サービスオフィスおよびコワーキングスペースの検索サイトを開設

コワーキングスペース
賃貸オフィス検索サイト『OFFICE FINDER』を拡充
ジョーンズ ラング ラサール株式会社(以下「JLL」)は、2018年12月4日、サービスオフィスおよびコワーキングスペースの検索サイトを開設したと発表した。

JLLは、不動産に関わるあらゆるサービスをグローバルに提供している総合不動産サービス企業。同サイトは、同社が以前より運営している賃貸オフィス検索サイト『OFFICE FINDER』を拡充する形で、開設されている。

本年より急増しているコワーキングスペース
昨今の企業は、政府主導の「働き方改革」などを背景として、従業員の生産性を向上させるオフィスづくりが求められるようになった。また、少人数体制のスタートアップ企業やフリーランスとして働く人も、年々増加。こうした動きに呼応するように、多様な働き方に対応できるサービスオフィスやコワーキングスペースが、本年より急増している。

不動産サービス企業であるJLLもまた、海外から日本へ進出する企業のニーズや、多様化する働き方に対応する環境の実現に向けて、賃貸オフィス情報提供の拡充を企図。サービスオフィスとコワーキングスペースの情報をより多く提供すべく、新たな検索サイトの開設に至ったという。

都心5区の床面積、2017年から2018年の間に倍増
JLLの調査によると、サービスオフィスやコワーキングスペースといったフレキシブルスペースは、米国や欧州で大きな成長を遂げており、世界的なトレンドとなりつつあるという。東京でも同様に拡大しており、都心5区における床面積も2017年から2018年の間に倍増している。

サービスオフィスおよびコワーキングスペースの検索サイトは今後、掲載城陽を順次更新していく予定だという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

サービスオフィス・コワーキングスペース - OFFICE FINDER
https://www.jllproperty.jp/

JLL、サービスオフィス・コワーキングスペース検索サイトを開設 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

  • このエントリーをはてなブックマークに追加