TOP > ニュース > 副業で人事に改革を!
2018-12-20 18:12

ニュース

副業で人事に改革を!

2019年度中途採用の計画

2018年12月13日、株式会社リクルートキャリアは、「2019年度中途採用の計画」の調査結果をサイトで報告した。

株式会社リクルートキャリアでは、中途採用を実施している人事担当者を対象に、アンケートを実施した。その結果、628人から回答を得ることができた。

「2019年度の中途採用人数の計画」について、採用人数を増やすと回答した企業は33.4%に上った。採用人数を増やすと回答した企業を規模別に見ると、5000人以上の企業では40.7%、300~999名の企業では、40.3%に上った。

兼業・副業容認で中途採用を成功させる

中途採用を成功させる為に、新たな取組みを2019年度に検討している企業は、7割以上(72.8%+0.6%)にも上った。

企業が検討している新たな人事施策は、「テレワークなど働き方の柔軟性向上」や「兼業・副業容認など人事制度改革」、「地域限定社員の導入」が多かった。

「テレワークなど働き方の柔軟性向上」は23.6%、「兼業・副業容認など人事制度改革」は20.8%、「地域限定社員の導入」は16.3%に上った。

また、「オンライン説明会・面接」や「AI選考」等、テクノロジーの活用にも企業の関心が高まっている。

活用したいテクノロジーでは、「オンライン説明会」が22.0%、「オンライン面接」が22.0%、「AIによる選考」が18.8%に上った。

(画像はリクルートキャリアのホームページより)

外部リンク

リクルートキャリア
https://www.recruitcareer.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加