• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • 先週(1月13日)のアクセスランキング!TOPはどの記事?
2019-01-14 08:00

ニュース

先週(1月13日)のアクセスランキング!TOPはどの記事?

こんにちは。副業・兼業ニュース事務局です。副業・兼業に関する、1週間の振り返りをお届けします。

この1週間、アクセス数の多かった記事の、TOP5はこちらです。

5位 アサヒビール、再雇用社員の副業を一部解禁
アサヒビール、再雇用社員の副業を一部解禁
http://fukugyo-news.jp/news_3Wf6g9tK.html

5位はアサヒビールが定年退職後、再雇用された社員を対象に、業務委託契約や個人事業主としての副業を認めたというニュースです。本人のキャリア形成に必要だと認められた場合に会社が許可をする形とのこと。

「人生100年時代」と言いますが、定年後の生き方についても考えなくてはならない時代になってきているのですね。

4位 サイタを使って副業をはじめる
サイタを使って副業をはじめる
http://fukugyo-news.jp/news_kswSIZvQx.html

先々週2位の記事が、今週は4位にランクインです。サイタはクラウドワークスが運営するコーチと受講生をマッチングするサービスです。テレビや雑誌などでも取り上げられていて、注目を集めています。

3位 国家公務員の兼業もOK、公益活動限定を条件に政府が容認へ
国家公務員の兼業もOK、公益活動限定を条件に政府が容認へ
http://fukugyo-news.jp/news_f05uiCbDw.html

最近、警察官が民間の出版社で警察の昇任試験に関する原稿を執筆していたというニュースがありました。もちろん、内部資料を流出させてしまったという点で問題のある事案ですが、公務員の兼業禁止について改めて考えさせられます。

2位 顧問・コンサルができる副業5選|副業の始め方
顧問・コンサルができる副業5選|副業の始め方
http://fukugyo-news.jp/news_kekBuc0Lo.html

副業を希望するけれども、1つの会社や業界にずっといたことがネックになっている人におすすめの副業が、顧問やコンサルタントとして活躍することです。記事では顧問やコンサルタント、アドバイザーとして活躍できるサイトを紹介しています。

1位 働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(1/2)
働き方改革関連法成立!2020年4月までに経営者・人事担当が対応すべき7つの論点(1/2)
http://fukugyo-news.jp/news_gVSBfKbX6_870.html

先々週は4位でしたが、今週は再び1位になりました。いよいよ4月から働き方改革関連法が施行され、徐々に制度が変わっていきます。働き方改革について強い関心が集まっていることがわかるランキングとなりました。

先週は副業に関する記事が2位から5位までを占め、多くの人が副業に高い関心を持っていることがうかがえます。今週はどのようなランキングとなるでしょうか。楽しみにお待ちください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加