• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • ビズリーチ、日本フェンシング協会の戦略プロデューサーを副業・兼業限定で公募
2019-01-14 07:30

ニュース

ビズリーチ、日本フェンシング協会の戦略プロデューサーを副業・兼業限定で公募

ビズリーチ
民間のビジネスプロフェッショナル4名が採用
株式会社ビズリーチは、2019年1月10日、同社サイトにて公益社団法人日本フェンシング協会(以下「FJE」)の戦略プロデューサーを副業・兼業限定で募集し、4名を採用したと発表した。

この募集が行われたのは、ビズリーチが運営している転職サイト『ビズリーチ』。2018年10月4日から10月31日まで公募が実施され、戦略プロデューサー4職種において民間のビジネスプロフェッショナル4名が採用されている。

収益事業を増やしていくことも重要なスポーツ
昨今、フェンシングの日本選手たちは世界で活躍し、2020年の東京オリンピックに向けて研鑽を積んでいる。こうした状況を加速させるべく、太田雄貴FJE会長は「2020年の大会を成功させること、メダルを目指すことだけでなく、その後に日本社会にフェンシングを根付かせる」といったビジョンを提示。様々な取り組みを展開している。

FJEは、収益事業を増やしていくことも日本のフェンシング強化にとって重要であると判断。その実現にあたって、経験とスキルを有するビジネスプロフェッショナルの力が必要であると考えた。そこで今回、「副業・兼業限定」というスタイルで優秀なビジネスプロフェッショナルを広く募ることを企図。『ビズリーチ』での公募に至ったという。

副業・兼業という新しい働き方の可能性を提示
『ビズリーチ』は、2018年10月の次点で即戦力人材が134万人以上登録している転職サイト。日本初だという今回の「競技団体による副業・兼業限定の公募」には、1127名が応募した。応募者の多くが、スポーツという公共的な事柄に貢献したいと考えるビジネスプロフェッショナルだったという。

ビズリーチは今回の公募について、副業・兼業という新しい働き方の可能性を提示することもできたと考える。今後も、ビジネスパーソンのキャリアにおける選択肢を増やし、可能性を広げるとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

日本フェンシング協会が副業・兼業限定の戦略プロデューサーをビズリーチで募集 - 株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加