TOP > 働き方 > エンタメ現場の仕事を可視化!マッチングアプリ「URAKATA」登場
2019-01-25 07:01

働き方

エンタメ現場の仕事を可視化!マッチングアプリ「URAKATA」登場

仕事単位で受発注OK「URAKATA」

株式会社センクシャは1月22日、エンターテインメント現場の仕事に特化した人材マッチングアプリ「URAKATA」(iOS版)をリリース。仕事単位で募集・応募が可能だ。

裏方の仕事を150種類以上に分類

コンサート・舞台・TV・CM・スポーツ・イベント・展示会などの現場で働く人材不足が深刻化していることから、同社では現場と働きたい人をつなぐアプリ「URAKATA」を開発、リリース。

美術・照明・音響・映像・運営などエンターテインメントならではの専門性の高い職種を分類・階層化し、150種類以上を網羅している。仕事の受発注はアプリ内ですべて完結。ミスマッチを減らせるよう、仕事内容は詳細に記入できるようになっている。

普段見えない舞台の裏側の仕事を明確化することで、応募しやすく、取り組みやすくなると考えて作られたものだ。

必要な時にいつでも受発注

仕事単位で募集・受発注ができるため、現場は忙しい時期だけスタッフを増やすことが可能。仕事に応募するユーザーは、副業・リモートワーク・フリーランスなど、個人に合わせた働き方が実現できる。

アプリ内では業務実績と、ユーザー同士の5段階評価システムを実装。仕事をすればするほど高い評価が集まって、優先的に仕事の依頼が来る仕組みになっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社センクシャのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000001.000039971.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加