TOP > 働き方 > 次世代社会システム研究開発機構、「働き方改革白書 2019年版」発刊
2019-01-26 07:01

働き方

次世代社会システム研究開発機構、「働き方改革白書 2019年版」発刊

「働き方改革」を網羅的・体系的に解説

一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構は、2019年1月18日、レポート『働き方改革白書 2019年版』を発刊した。

同レポートは、「働き方改革」を軸とする諸テーマを多元的なアプローチで取り上げ、網羅的・体系的に解説するもの。講演・啓蒙活動の実績を持つコンサルタントや識者によって、編纂されている。

多元的な角度で諸テーマを検証

昨今の企業は、人手不足の深刻化や長時間労働是正の動きを受けて、労働生産性の向上が求められるようになった。また、労働市場の静的な均衡の崩壊や就労スタイルの多様化、急速な技術進歩によるワークスタイルの変化も進んでおり、「働き方改革」をめぐる議論は活発化し続けている。

『働き方改革白書 2019年版』では「働き方改革」を、残業時間やテレワークといった要素と「労働生産性の向上」が密接不可分なテーマであると判断。「RPA/デジタルレイバー」などの最新情報についても広く取り上げている。他にも、多元的な角度で諸テーマを検証し、実践的な課題を解説している。

シンクタンク活動を展開している団体

次世代社会システム研究開発機構は、前身会社を含めると20数年にわたって産業/先進先端技術/経済/IT分野のシンクタンク活動を展開している団体。

同団体によるレポートなどの刊行物は、日本・海外の政府系シンクタンクや主要研究所、コンサルティングファームなどが納入しており、好評を得ているという。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

働き方改革白書2019年版 – 一般社団法人 次世代社会システム研究開発機構
http://www.x-sophia.com/?pid=125787764

『働き方改革白書 2019年版』 発刊のお知らせ – DreamNews
https://www.dreamnews.jp/press/0000188184/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加