TOP > ニュース > ハイクラス人材を「副業」で呼ぶ。仙台市「外部人材による新規事業創出プログラム」
2018-04-26 19:04

ニュース

ハイクラス人材を「副業」で呼ぶ。仙台市「外部人材による新規事業創出プログラム」

政令指定都市では初の実施

株式会社サーキュレーションは、2018年4月23日、宮城県仙台市と共に「外部人材による新規事業創出プログラム」を実施すると発表した。

同社は、プロフェッショナル人材のシェアリングサービスを運営する企業。同プログラムは、中小企業の収益を向上させる仕組み作りを目的とするものであり、政令指定都市においては今回が初の実施となる。

ハイクラス人材の雇用が困難な中小企業

中小企業の成長においては、新事業展開が重要な要素の一つとなる。しかし、そのためのノウハウを持った人材の確保が、多くの中小企業では難しい。特に宮城県内の中小企業は、ハイクラス人材を雇用することが困難となっている。

そこで仙台市は、常時の雇用ではなくスポット活用が、同市の中小企業にとって有効であると企図。また首都圏に住むハイクラス人材にとっても、兼業・副業という形態で同市の中小企業の新規事業創出に支援に関わるメリットが生まれると判断。同プログラムの実施に至ったという。

人材の公募、新規事業アイデアの公募などを担う

サーキュレーションは、「外部人材による新規事業創出プログラム」において運営事務局として採択された。同社は同プログラムで、参加中小企業の公募および選定や、説明会・新規事業開発セミナーの企画・運営、ハイクラス人材の公募、新規事業アイデアの公募などを担う。

同社は、2017年に地方拠点を設立し、東北・北陸・北関東などにおいては地域専属チームも設立。経験・知見の不足に悩む地方中小企業の経営支援を行なってきた経緯を持つ。そのノウハウを活かし、同社は同プログラムに取り組むとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社サーキュレーション
https://www.circu.co.jp/

仙台市と、政令指定都市初の「外部人材による新規事業創出プログラム」開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加