TOP > ニュース > ビズリーチ、スポーツ2団体のプロ人材募集を「副業・兼業限定」で開始
2019-02-26 18:02

ニュース

ビズリーチ、スポーツ2団体のプロ人材募集を「副業・兼業限定」で開始

公募期間も3月20日までの限定

株式会社ビズリーチは、2019年2月21日、同社運営の転職サイト『ビズリーチ』にて、スポーツ2団体におけるプロ人材募集を「副業・兼業限定」という形で開始した。

募集されているのは、一般社団法人日本ウィルチェアーラグビー連盟(以下「JWRF」)と公益財団法人日本ハンドボール協会(以下「JHA」)の計6職種。公募期間は、同日より3月20日までの限定という形となっている。

ウィルチェアーラグビーとハンドボール

JWRFが普及を進めるウィルチェアーラグビーは、今のところ競技の認知度が低い。そのためJWRFも、スポンサー獲得や大会運営・集客といった面で課題を多く持つ。これら課題を解決し、自立経営できる組織を目指して、同連盟は事業や組織体制の強化に取り組み始めている。

JHAが推進しているハンドボールは、既に小学生から社会人まで幅広い世代に親しまれており、選手登録数も約10万人におよぶ。しかしJHAは十分な収益化ができておらず、運営資金も不足しているという。そのため、ハンドボールのエンターテインメント化による収益化を目指している。

正規職員の複数人採用が困難なため

JWRFとJHAは、共にスポーツのビジネス化を推進しており、そのために経験とスキルを有するビジネスプロフェッショナルの力を求めている。しかし現状では、正規職員を複数人採用するのは困難であるため、今回の「副業・兼業限定」公募に至った。

公募を担うビズリーチでは、募集期間中はサイト『ビズリーチ』にて特設ページを開設。同社は今後も、ビジネスパーソンの可能性を広げられるよう尽力するとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

スポーツ2団体が副業・兼業限定でプロ人材を公募 – 株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加