TOP > ニュース > シューマツワーカー・副業の歩みをインフォグラフィックスで公開
2019-02-20 07:02

ニュース

シューマツワーカー・副業の歩みをインフォグラフィックスで公開

副業サービスの登録者7000人突破

株式会社シューマツワーカーは2月18日、副業したい人と企業をつなげるサービス『シューマツワーカー』の、ユーザー7000人についてインフォグラフィックスで公開している。

数字から分かる副業の変化

同社は、サービス開始から1年半で登録者数が7000人を突破した記念として、インフォグラフィックスを作成。登録者の9割は男性だが、女性も増加傾向にあり、フィットネスや美容関連の企業が積極的に女性副業社員の意見を取り入れている。

平均は29.9歳。20歳から51歳まで年齢は様々で、社会人で培ったスキルやコミュニケーションを活かして副業を行っている。

副業社員の比率は、「エンジニア」が78%、「デザイナー」が11%、「マーケター」4%。

サービスリリース当時はエンジニアが9割だったが、徐々にデザイナー、マーケター、法務や人事、ライター、動画ディレクターなど、クリエイティブな職種が増えていると報告している。

副業の拡大と課題に取り組む

登録している取り引き企業数は245社。東京のスタートアップ企業を中心に、現在では大手企業、大阪や福岡エリアの企業も参加している。

今後は地方展開も含めた登録企業の拡大を進めるとともに、副業の課題にも積極的に取り組んでいく予定だ。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

シューマツワーカーのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000027073.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加