• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • 不動産免許がなくても知人の部屋探しを手伝って稼ぐ
2019-03-06 18:00

ニュース

不動産免許がなくても知人の部屋探しを手伝って稼ぐ

不動産
副業サービス「BREDGE」(ブリッジ)
2019年2月27日、FELITAS合同会社は、副業サービス「BREDGE」(ブリッジ)を開始したことを発表した。

「BREDGE」では、不動産免許がなくても、知人の物件検索をつうじて、内見案内をすることが可能、報酬を得ることもできる。副業エージェントとして登録するには、所定の審査を受ける必要がある。副業エージェントの審査は、3月1日よりスタートする。

登録後は不動産賃貸に関する業務と知識をテーマとした、研修を受講する。業務における疑問点などは、チャットによってリアルタイムでサポートするので、安心だ。実際の業務では、副業エージェントとして空いた時間に知人の部屋探しを手伝う。

副業エージェントは知人から引越しの相談を受けたら、物件検索をして、物件を案内する。物件の申込書は提出、契約成立後に成果報酬がもらえるシステムだ。

成果報酬(平均)は成約家賃の1ヶ月の報酬を支給、過去の実績では約7万円(平均2時間活動)が目安だ。このほか、物件検索や内見、物件申し込み時の時給も支給される。

知人を通じて安心な部屋探し
ネットで気に入った物件を見つけても、不動産会社を訪問した時にはその物件がないことがある。また、営業マンより伝えられた情報が実際と異なったり、営業マンが勧めたい物件を紹介される可能性が高い。

知人が物件検索から内見までを行う、「BREDGE」だと、このような危険性を回避できる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

FELITAS合同会社PRTIMES
https://prtimes.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加