TOP > 働き方 > 地域が指名する「現代版参勤交代」を採用?/みんなの移住計画祭2019
2019-03-06 18:03

働き方

地域が指名する「現代版参勤交代」を採用?/みんなの移住計画祭2019

移住希望者と地域をつなぐイベント

みんなの移住計画は3月16日・17日に人と地域をつなぐマッチングイベント『みんなの移住計画祭2019~現代版参勤交代』を東京で開催。移住計画や関係人口作りのサポートを行う。

藩(HAN)と民(TAMI)の交流と会議

同イベントは、首都圏などでUIターンを考えている学生、地方への関わりを求める移住検討者、新しい暮らし方や働き方を求める人を対象に行われる。移住希望者と13地域の出会いの場を提供する。

このイベントの特徴は、参加する地域が藩(HAN)となり、移住希望者である民(TAMI)を指名できること。歴史の「参勤交代」制度を逆に捉えて、首都に集中するTAMIをHANが地方に呼び込む「現代版参勤交代」の新しいシステムを作るのが目的だ。

参加するHANは岩手、茨城、能登七尾、信州、京都、奈良、山口、福岡、大分、長崎、熊本、離島。

TAMIエントリー募集中

1日目は前夜祭でTAMIによるプレゼンテーションと交流会、2日目はHAN紹介バトル、指名会議、大交流会という流れで行われる。場所は3月16日がSENQ霞が関、17日が大和ハウス工業東京本社ビルとなっている。

現在エントリーを募集中。定員は100名で応募内容をもとに選抜指名候補者が選出される。応募資格や参加費など詳細はみんなの移住計画公式サイト内で確認できる。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

みんなの移住計画プレスリリース
https://minnano-iju.com/2019_gsankinkotai_press.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加