TOP > 働き方 > 有給休暇「取得していない」、61.6%。働き方改革ラボ、「働き方改革」成果調査
2019-03-18 18:03

働き方

有給休暇「取得していない」、61.6%。働き方改革ラボ、「働き方改革」成果調査

「働き方改革」の取り組み・成果に関する調査

メディアサイト『働き方改革ラボ』は、「働き方改革」の取り組み・成果に関するアンケート調査を実施し、その結果概要を2019年3月15日に公開した。

『働き方改革ラボ』は、「働き方改革」をテーマにしてリコージャパン株式会社が運営を手がけるサイト。同調査は、同サイト読者52名を対象として実施されている。

「取り組んでいる」、全体の53.8%

同調査ではまず、勤務先の企業が「働き方改革」に取り組んでいるかどうかを質問。「取り組んでいる」と回答したのは、全体の53.8%となった。「取り組む予定がない」「わからない」という回答は、合わせて36.7%となっている。

「働き方改革」について「成果が上がっている」と感じるかどうかも、質問が行われた。結果は、「感じている」が25.0%に留まり、「どちらとも言えない」が42.3%に達した。働き方改革は着実に実行に移されているものの、成果に結びつくのはまだこれからであると、『働き方改革ラボ』は考察している。

業務量やフォローの面で取得が難しい有給休暇

同調査では、「働き方改革」で実施されている取り組みについても訊ねている。結果は、「有給休暇取得の促進」が19.0%で最多となった。しかしその一方で、有給休暇を「取得していない」と回答した人は全体の61.6%にまで達した。業務量やフォローの面で取得が難しいのであろうと、『働き方改革ラボ』は推察している。

『働き方改革ラボ』は今後も、「働き方に『!』を」をメディアコンセプトとして、「働き方改革」に関連したテーマを広く扱うとしている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

働き方改革アンケート結果発表 – 働き方改革ラボ
https://workstyle.ricoh.co.jp/article/survey-2019-1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加