• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 「PickGo」、フリーランスドライバーによる「レオパレス難民」救済を開始
2019-03-11 07:30

働き方

「PickGo」、フリーランスドライバーによる「レオパレス難民」救済を開始

PickGo
4月30日までサービスを特別価格で提供
CBcloud株式会社は、2019年3月6日、同社運営サービス『PickGo』においてフリーランスドライバーによる「レオパレス難民」救済を開始したと発表した。

『PickGo』は、荷主とフリーランスドライバーを直接マッチングするサービス。「レオパレス難民」救済は、株式会社レオパレス21の施工不良問題により転居を余儀なくされた入居者を対象として、『PickGo』サービスを4月30日まで特別価格で提供するというもの。

「難民」とならず引っ越しできるよう
レオパレス21の天井施工不良問題によって、全国の対象物件641棟の入居者が退去を余儀なくされた。また、遮音性の問題などによって退去要請を受ける入居者は増加が予想されており、その数は最大で1万4000人にも達する可能性もある。

しかし3月~4月は、引越業者にとっては繁忙期にあたる。人手不足や価格の高騰が、転居者へ多大な影響をおよぼしており、「引越難民」という言葉も広まるようになった。こうした状況を受けCBcloudは、レオパレスからの転居者が「難民」とならず引っ越しできるよう、今回の支援を開始したという。

『PickGo』の対象エリアを全国に拡大
『PickGo』は、物流版の『Uber』ともいわれるサービス。全国10000名におよぶフリーランスドライバーと荷主をつなぐ唯一のプラットフォームとなっている。

「レオパレス難民」救済において『PickGo』は、希望する日付・時間帯で対応可能なドライバーが確実に見つかる環境を、ユーザーに提供する。またこの支援に合わせて、個人向けサービスでは限定されていた『PickGo』の対象エリアを、全国に拡大するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

PickGo for Personal - CBcloud株式会社
https://pickgo.town/personal/

「PickGo」10000名のフリーランスドライバーによる「レオパレス難民」の救済を開始 - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加