• TOP
  • >
  • ニュース
  • >
  • 副業経験者は32%、トラブル経験者は14%!/副業の実態調査
2019-03-22 18:00

ニュース

副業経験者は32%、トラブル経験者は14%!/副業の実態調査

日本法規情報
副業解禁で経験者が増加
日本法規情報株式会社は、副業に関する実態調査を行い、3月21日に発表。副業の増加とともにトラブルも増加。同社では注意を促すとともに、深刻化する前に相談するよう呼びかけている。

「トラブルにあった」14%、「身近に聞いた」22%
調査は646人の回答を集計。「副業を経験したことがある」人は全体の32%。同社が2013年に行った調査では4%であったことから、副業に対する意識が変化していることが分かる。

副業に関するトラブルに巻き込まれた「経験がある」という回答は14%、「自分はないが、身の回りで聞いたことがある」が22%、「自他共にない」は64%だ。

「副業の利用で詐欺に遭った」人は25%、「本業に支障をきたした」人は24%。ほかにも「副業をしたことで、本業の会社ともめた」12%、「確定申告をやり忘れた」9%、「副業のために借金をした」6%などがある。

深刻化する前に相談を
トラブルについて誰に相談したか尋ねたところ、「信頼できる友人」が21%、「親・兄弟」18%、「警察などの公的機関」7%となったが、「相談していない」が50%と半数を占めている。

トラブルを「解決し、結果も納得している」人は39%、「解決したが、結果に不満がある」人は36%、「解決していない」人は25%だ。副業は自己責任が多くを占めるが、利益やリスクなども認識する必要があると指摘している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

日本法規情報株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000213.000006827.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加