• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 「働き方改革」は体内リズムの改善から。目覚め方改革プロジェクト、セミナー開催
2019-03-18 07:30

働き方

「働き方改革」は体内リズムの改善から。目覚め方改革プロジェクト、セミナー開催

目覚め方改革
第2回メディアセミナーとして開催
目覚め方改革プロジェクトは、2019年3月14日、セミナー『“働き方改革”は体内リズムの改善から~多様で柔軟な働き方のカギとなるのは睡眠~』の開催レポートを発表した。

目覚め方改革プロジェクトは、睡眠の重要性の認知を高めるべく専門家が集まって立ち上げたプロジェクト。同セミナーは、同プロジェクトの第2回メディアセミナーとして、今年2月19日に東京・八重洲にて開催されている。

睡眠・体内リズムの重要性などを知らしめる
今年4月1日より働き方改革関連法が段階的に施行され、残業時間の削減や休暇の取得が推進される。目覚め方改革プロジェクトは、こうした動きによって人々の余暇の時間はより増えると期待。この機会に、ビジネスパーソンにおける睡眠・体内リズムの重要性などを知らしめるべく、今回のセミナーを開催した。

同セミナーでは、プロジェクトリーダーである久留米大学・内村直尚教授が、パフォーマンスを左右する睡眠の重要性について説明。特定非営利活動法人健康経営研究会・岡田邦夫理事長が、ビジネスパーソンが抱える睡眠の問題とその対処法について解説した。

東海旅客鉄道の睡眠管理も紹介
同セミナーではまた、睡眠が極めて重要となる事業分野における事例として、東海旅客鉄道株式会社・ 清水紀宏氏が「睡眠自己管理プログラム」を活用した睡眠管理の取り組みを紹介。最後には、大塚製薬株式会社・只野健太郎氏が、睡眠のリズムを改善することで健康に寄与する可能性のある食品成分の説明を行った。

目覚め方改革プロジェクトは今後も、目覚め方および体内リズムを整えることの重要性について、啓発を行うとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

第2回『目覚め方改革プロジェクト』メディアセミナー 実施レポート - 目覚め方改革プロジェクト
https://mezame-project.jp/topics/release_190314.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加