TOP > 働き方 > スキルをシェアすると仕事のモチベーションは変わるのか?/ビザスク調べ
2019-04-01 18:04

働き方

スキルをシェアすると仕事のモチベーションは変わるのか?/ビザスク調べ

ビジネススキルシェアの効果

株式会社ビザスクは、ビジネススキルシェアプラットフォーム「ビザスク」の登録ユーザーを対象に、1時間のスキルシェア活動が働き方への意識をどのように変えるか調査を実施。3月28日に公開している。

6割が「仕事への意欲が高まった」

「ビザスク」は、ビジネスの専門的な知見を共有するプラットフォーム。「スポットコンサル」では、現役ビジネスパーソン、専門家、企業OBまで様々な人が登録しており、仕事の合間などにアドバイザーとしてビジネス相談に応じている。

同社では、利用者にアンケートを実施。867の回答を得ている。

知見を提供したことで、その人自身の「仕事への意欲が高まった」と回答したのは45.4%、「転職への意欲が高まった」は7.7%、「独立/早期退職への意欲が高まった」は10.8%で、約64%に良い影響を与えている。

スキルアップ・学習意欲については「とても高まった」が20.3%、「高まった」が53.6%。シェアすることで自身の価値を見直し、さらなるスキルアップやモチベーションの高まりにつながっている。

シニアのセカンドライフに良い影響が

2018年のシニア層のプラットフォーム活用は20%。増加傾向にあり、セカンドキャリアに意欲的なユーザーは6割を超えた。

転職を検討していたが独立を決意した、資格取得を考えるようになった、アーリーリタイアの人生設計を描くようになったなど、ポジティブな回答が得られた。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社ビザスクのプレスリリース
https://visasq.co.jp/archives/7702

  • このエントリーをはてなブックマークに追加