TOP > 働き方 > 関内駅前「よりみちベース」、コワーキングラウンジ兼レンタルスペースへリニューアル
2019-04-09 18:04

働き方

関内駅前「よりみちベース」、コワーキングラウンジ兼レンタルスペースへリニューアル

フリーランスの執務スペースとして

処デザイン学舎は、2019年4月11日、横浜・関内駅前の多目的スペース『よりみちベース』をコワーキングラウンジ兼レンタルスペースとしてリニューアルオープンする。

同施設は、オフィスワーカーの「朝活」や日中会議として、またフリーランスの執務スペースとして、ドロップインでの利用が可能というもの。新しいライフスタイルにチャレンジしたい人材を、関内エリアへ集めることを、処デザイン学舎は目指しているという。

ドロップイン利用なら1日何時間いても800円

『よりみちベース』の料金設定は、ドロップイン利用なら1日何時間いても800円という、利用しやすいものとなっている。さらにオープン初期は、ドロップイン利用500円/日、1週間使い放題プラン980円/週、3回利用プラン1380円といったプランも提供するという。

同施設はまた、各種イベント会場や撮影スタジオといった様々な用途に対応するレンタルスペースとしても、活用可能。スペースレンタルの価格については、2980円/時間(3時間以上から)と設定されている。

循環型コミュニティの創出を目指す

リニューアルオープンする『よりみちベース』において処デザイン学舎は、「好きからはじまる未来のYOKOHAMA」というコンセプトを設定。「好き」を突きつめたい人たちが集まり、仕事や町のリアルと繋がっていく循環型コミュニティの創出を、目指すとしている。

『よりみちベース』の通常利用における営業時間は、平日は9:00から19:00まで、土曜・祝日は10:00から18:00まで。日曜日は定休日となっている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

よりみちベース – 処デザイン学舎
https://yorimichibase.com/

コワーキングラウンジ兼レンタルスペース「よりみちベース」が横浜関内に4月11日オープン – pressrelease-zero.jp
http://pressrelease-zero.jp/archives/140843

  • このエントリーをはてなブックマークに追加