• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • 正社員として働きたいけど働けない・非正規雇用者のホンネとは?
2019-04-10 18:00

働き方

正社員として働きたいけど働けない・非正規雇用者のホンネとは?

非正規雇用
ディップ総研、10,000人意識調査
ディップ総合研究所は4月4日、非正規雇用で働く男女に行った「正社員就業に関する意識調査」の結果を発表。7割近くが「隠れ不本意非正規」として働いていることが分かった。

「隠れ不本意非正規」は7割近く
同調査は、全国のアルバイト・パート、派遣社員、契約社員として働いている15歳~59歳の男女から9,365サンプルを集計している。「正社員で働けるのであれば働きたい」と回答したのは64.1%。

そのうち68.8%に当たる3,000人が、正社員を希望しながらも働ける仕事がなかったと回答した「隠れ不本意非正規」だ。

その理由として「転職活動したが、採用されなかった」「正社員就業を希望していない」を除くと、自身の不安から正社員への転職に踏み出せていないことが明らかになった。

多かったのが「年齢で採用されなさそう」23.4%、「経歴が不安」19.7%、「自信がない」17.0%など。

正社員として応募する、働く自信をつけるには?
これらの対応策として希望するのは、「職場見学や体験で働いている人を確認できること」が58.3%、「就職後すぐに仕事内容を知ること」が77.5%、「事前に職場の雰囲気や社風を知ること」が69.4%となった。

これらの結果から採用企業側は、応募者が判断しやすい情報提供や体験などを行うことで、採用力強化につながるとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ディップ株式会社のプレスリリース
https://www.dip-net.co.jp/

ディップ総合研究所の公式ホームページ
https://www.baitoru.com/dipsouken/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加