• TOP
  • >
  • 働き方
  • >
  • スタートはみな同じ!ハイクラス人材になるための要因とは?
2019-04-05 07:30

働き方

スタートはみな同じ!ハイクラス人材になるための要因とは?

ハイクラス
ハイクラス人材の意識を調査
パーソルキャリア株式会社は4月3日、ハイクラス人材向け転職サービス「iX(アイエックス)」をリリースしていると発表。同時にハイクラス人材の意識を探る調査を行い、公表している。

初任給に大きな差はなし!使い道にわずかな違いか
同社では、ハイクラス人材の新入社員当時の給与や意識を調べる調査を実施。東京・千葉・神奈川・埼玉在住者で、30代から50代の年収1,000万円層400名、20代から40代の平均年収層400名の回答を集計している。

初任給を調べたところ、平均層は195,936円、1,000万円層は202,393円。その差は6,457円で、キャリアスタート時の差は大きくないことが分かった。

初任給の使い道は、「貯金」「親へのプレゼント」「交際・飲食費」など。平均層では「自分へのご褒美」も比較的多くなっている。

初任給で購入した「親へのプレゼント」に関しては「食品」や「お酒」が多く挙げられているが、1,000万円層の傾向を見ると、平均層に比べ「ファッション雑貨」や「アクセサリー」など、長く使えるものを購入している。

年収1,000万円以上を目指していたのか
1,000万円層に、「新入社員当初から年収1,000万円を目指していたか」聞いたところ、「はい」は46.8%、「いいえ」が53.2%。年収1,000万円以上になれた要因については、「自身の努力」が56.4%、次いで「運」が52.9%となった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

パーソルキャリア株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加